大切なお知らせ

TripQは2020年2月末にサービスを終了します。
詳細はこちらをご覧ください。
https://note.com/yahoo_travel/n/n582117f43b1a

共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数4

投稿日時:2012/2/28 20:01


アメリカでのチップについてです。運転手やウェイターやポーターにチップをあげますけど、他にチップをあげないといけない人っていますか?料理を作るシェフや市バスの運転手はチップはもらえないのに、 運転手やウェイターやポーターにチップをあげるということは、直接接客しない人はチップもらいぞこねなのでは?
そう考えると、チップをもらえない人の方が多いのに、なぜチップ制度はあるのかな?
回答投稿日時:2012/2/29 2:10
tetsubou555さん

習慣でそうなっているから、としか言いようがないんでしょうが…

サラからそういうしくみを作るか、といったら、たぶん作らないでしょうから。

客がサービスのよしあしで払う額を変える権利があるのがいいんだ、なんて理屈がありますが、実質的には形式化してますしね。
ただ、出来上がってしまえば雇う側にはメリットがあります。
(1)見かけの値段を安く表示できる。(実質$23の料理は$20)
(2)ウェイターはチップをもらいたいので、うるさく言わなくても一生懸命働く、つとまらない者は稼げないので自分からやめていく

特にアメリカの場合移民国家で人の性格も教育レベルも様々なので、従業員教育に手間をかけなくていい、というのは楽ちんです。

zukaさんのご回答は的を射ていて、アメリカチップの対象とされている、ご主人のお皿を上げ下げする、寝床を整える、車(昔なら馬車?)を運転する、というのは、いずれも召使の仕事です。チップというのは召使をねぎらうため、というのが元のようです。

これに対して、小生がハワイのホテルで、部屋のテレビがつかないのをホテルの電気技師のような人に直してもらったのでチップをあげようとしたら、受け取りません。そこでわかったのは「職人の仕事はチップの対象外」どうやら、職人とは対等の契約、ということのようです。

>料理を作るシェフや市バスの運転手はチップはもらえないのに、運転手やウェイターやポーターにチップをあげるということは、直接接客しない人はチップもらいぞこねなのでは?

そういう人は、給料がそれ相応になっています。逆に、チップの仕事の人は、給料がチップを前提にごく安いのです。

ただ、やはりそれは気分悪い、という人はいるようで、小生がハワイで会った日本料理屋の経営者は、ウチの店では厨房もウエイターにも相応の給料を払って、もらったチップは一旦お店でプールしてみんなで分ける、と言っていました。そういうお店では今度は、真面目に働く人もそうでない人ももらえる額は同じか、という文句が出るので、日本流で従業員教育もしっかりやる、ということなのでしょう。

ところで、小生もハワイ族なのでできるだけお付き合いはしますが、話を振っておいて放置、というのは、何だかなぁ~
回答投稿日時:2012/2/29 10:00
確かに不思議な制度ですよね。

私は、アメリカの労働事情にそう詳しくはないのですが、
今読みかけの「ニッケルアンドダイムド」というノンフィクションや現地のフリーペーパー(日本語)の労働・雇用相談などによると
チップをもらえるはずのいくつか職種(ウェイターなど)の最低賃金は、チップを前提に決められているようです。
街にもよるのでしょうが、時給2ドル台とか。
で、実際のチップの額があまりに少ない場合は、雇用主はある程度補填しましょうね、ということになってるみたいです。

本当はプラスアルファのサービスに対してなら支払いたい(本来はそういう意味だと思う)のに、勝手に労働の対価の当てにされている現在の状況はなんだかおかしいなぁ、と思います。
回答投稿日時:2012/2/29 3:42
ご指摘の通りだと思います。
労働の対価は雇い主からもらっているはずなので、チップが収入の一部という考え方は理解できません。
こう書くと、自称、「海外事情に詳しい方」からしたり顔でそれは間違っているというご指摘を受けますが、実はその人が、ガイドブックや現地ガイドを鵜呑みにして、受け売りだったりします。
ウェイターやホテルのポーターにチップを上げる必要なんてありませんし、あげたこともありません。
せいぜい、おつりをキリのいいところで切り上げて払うくらいです。
回答投稿日時:2012/2/28 23:18
私も同じような疑問をもっていますね。

実際は人種差別からきています、米国のチップの起源は欧州と多少違うようでして、「有色人種あるいは身分の低い者が自分に都合のよいように動いてくれたときのお駄賃」的な意味合いがあります。

起源が違うため、チップをなくす方向にある欧州と、定着しているアメリカ、というように対応に違いも出るわけです。

しかし、起源が何であれ、悪習であろうが、その地の習慣である以上、訪問者はチップを払う必要があります。

「バカな習慣いつまでも後生大事にして」と思いつつマナー通りの金額に笑顔を添えて渡すのが正解です。

ところで質問の回答になっていませんね。

>ウェイターやポーターにチップをあげますけどシェフや市バスの運転手、直接接客しない人はチップもらいぞこねなのでは?

この質問には
チップを少しでも非難したら、「サービスがタダだと思っているのか!」「ウエーターはチップが収入源なんだ!」「いやなら日本から出るな!」と、いつもの〈チップ批難は許さんぞ!〉の方々が答えてくれるでしょう。