共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数2

投稿日時:2010/4/22 7:18


パリのメトロの路線図でcorrespondencesと書いてあるところが何箇所かあるのですが、これは何ですか?

北駅とかサン・ラザール駅とかシャトレ駅とかのあたりです。
回答投稿日時:2010/4/22 7:35
他の路線に乗り替えが出来る連絡駅です

地下道を通ることもあるし地上で上層階に階段で登る場合もあります

地下道では不正乗車が出来ないように駅員達が待ち構えていて切符を調べることもありますので切符は目的駅を出るまでシッカリ持っていてください
回答投稿日時:2010/4/22 11:00
多分、空港で同じ「correspondences」と言う案内板を見たことがあるかと思います。
乗り継ぎと言う意味ですが、飛行機では便が変わりますよね。

地下鉄では他にも東駅やレ・アルなどもそうなのですが、元々近接してあった駅同士を地下連絡通路で一体化したものです。
普通に地下鉄の何号線とか言う乗り換えの場合は、上下に交差したようなところに駅が出来ているので、地下通路を長々歩くこともありません。

例えば1号線と12号、7号の交差するコンコルド。
同じく1号と2号、6号の交差する凱旋門駅など。
こう言うのは乗り継ぎじゃなくて、単に「乗り換え」ですね。

日本でも東京の地下鉄の、大手町とか日比谷に当たります。
千代田線や丸の内線の国会議事堂前=銀座線、南北線の溜池山王のようなものです。