大切なお知らせ

TripQは2020年2月末にサービスを終了します。
詳細はこちらをご覧ください。
https://note.com/yahoo_travel/n/n582117f43b1a

共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数2

投稿日時:2009/2/3 9:06


どうしてラスベガスはアストロのタクシーが多いのでしょうか? U・ω・U
回答投稿日時:2009/2/3 23:33
純粋に大人数(とは言ってもドライバーを除いて7人しか乗れませんが)で移動する観光客が多いからです。

殆どのタクシー会社はリースアップ(リース契約終了後の車)を安く買いあげてタクシーにしています。多いのはアストロとは限りませんが、地元のタクシー会社がシボレーディーラーとなんかしら繋がりが有るのでしょう。
回答投稿日時:2009/2/5 2:56
ラスベガスでホテルビジネスにかかわる仕事を2年ほどやった事があります。

その時の経験からお話します。

たしかにラスベガスタクシーは全米の他の都市のように大型セダンではなく、ミニバンが主流となっています。

しかしミニバンですが大半は3列目シートを外して2列にしてあります。

そして後部座席3名前1名の4名乗車のスタイルが基本となっています。

何故なら、ネバダ州のタクシー業務法令によって一般のタクシーの場合4名が最大乗客数となっているからです。

ですからミニバンでも運転者を含めて決して7名も乗れる訳ではありません!

ラスベガスタクシーがこのようなミニバン主流となったのは、せいぜいここ10年ほどの事です。

灼熱地獄の暑いラスベガスでは車もエアコンを最強にしてかけっぱなしですから、普通のセダンのタクシーだったら1~2年で廃車だそうです。

ラスベガスは余りの暑さで車の寿命が極端に短いのです。

夏のラスベガスの気温は優に摂氏50度近いですからね!

このような過酷な環境では普通の大型セダンよりも、エンジンの大きなミニバンの方が耐久性が上だと言う事も関係しているようで

更にラスベガスの場合、世界中から観光客が来ますので、ミニバンのタクシーだったら4名を乗せても3列目の座席を外してあるので、大きなトランクなども余裕で後部に運べると言う利点が非常に有利なのです。

こうした耐久性とお客と荷物の両方を満載できると言う利便性から、ラスベガスタクシーは大半がミニバンに取って代わられたということです。

そして米国で最も売れているミニバンと言えばGMのアストロかクライスラーのミニバンしかありませんね。

これがラスベガスタクシーにミニバンが多い理由なのです!