共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数9

投稿日時:2017/8/19 1:46


バルセロナでテロがありましたが妻が明日からバルセロナに旅行に行く予定でした。明日から妻がバルセロナへ旅行予定ですが、昨日バルセロナで自爆テロがありました。

絶対行くなと言ってあります。

ツアーが中止になればキャンセル料はかかりませんが、中止じゃなければキャンセル料15万程度かかります。

できれば払いたくないです。旅行会社も大変でしょうが…

旅行会社はHISですが電話で問い合わせたらツアー決行する気満々です。

その時、多分キャンセルすると思いますとは伝えました。

ツアー決行なんてありえないと思っていますが、そんなことはないですか?

もともとの参加者は20名程度らしいですが、、、

ってか普通行かないですよね?

ツアーはなくなるのに参加者にはそのことを伏せてキャンセル料だけ取るってことはないですよね?

HISのホームページにテロに関するお知らせとかもないし、公式ツイッターもなんのお知らせもないし、なんか不親切だな思っています。

どう思いますか?
回答投稿日時:2017/8/19 1:52
社会を舐めるな。
お前の都合よく社会は動いてはくれない。
回答投稿日時:2017/8/19 2:00
警戒厳重な現場に又同じ事をするテロ組織はありません

テロ組織が威力を示すなら別の都市でやります

旅行社もそう思っています
回答投稿日時:2017/8/19 2:23
行く行かないの判断は人それぞれであり、行く人もたくさんいます。

例えば、ロンドンでは今年だけで4回もテロが発生しています。
それでも、ロンドンに行く人はたくさんいます。
JALはロンドン線を増便しているのが現状です。

だいたい、ツアーを中止となれば、旅行会社も航空会社やホテルと20人分のキャンセルの交渉が必要になります。
旅行会社が、キャンセル料を負担するなど考えられません。

大地震や大噴火などの激甚災害や、外務省が退避勧告や渡航中止勧告を出さない限り、キャンセルは自己都合でしょうね。
回答投稿日時:2017/8/19 2:32
行かない方がいいとは思いますが、外務省の渡航勧告が無い限りツアーが中止になる可能性は低いと思います。(無いわけではありませんが…)
回答投稿日時:2017/8/19 3:12
催行決定した旅行が中止になった知人がいましたが
天候不順で飛行機が飛ばなかったからです。
しかもそれが決定したのは「飛行機に乗ってから」

それぐらいギリッギリまで中止なんてしませんよ。

旅行会社ってのは自転車操業に近いんです。
ツアー1つポシャったらすっごいダメージがデカイ。
だからキャンセル料なんてもんがあるんじゃないですか。

しかもH.I.Sって、簡素な対応で有名な会社ですが。
今更過ぎる・・・。

ということで、自らお金払ってキャンセルするか
行くかですね。
でもそういうことが起こった場所は警戒が厳重になるので
他の人が言うようにまたすぐ起こるとかあまりないですが。
回答投稿日時:2017/8/19 6:48
いやーどうしましょうね?

我々夫婦は来週末スペインですが、バルセロナではありません。自己手配です。フライトは有料で変更可能ですが、ホテルはエクスペディア経由で、最初は返金100%可能条件だったのが、改装ということで宿泊先を変更したら変更先が、返金不可条件となっており、、、だからエクスペディアに文句言っても難しそうで、、、3つ星レストランがキャンセル待ちでやっととれたし、、、、

まあ今回は、行くことにしています。

2015年秋、パリのテロの後は、さすがにパリに行くのを止めて、行き先を急遽ニューオーリンズに変更しました。あの時は、航空会社の無料変更日程から少し外れてしまいましたので、有料で、自己都合での変更でした(というか変更手数料を差し引いて残った額で行けるところにしました)。ホテルは払い戻し可のところを予約していたので問題ありませんでした。

今回は、自分でも、2015年のあの時よりも冷静になっている気がします。いやそれとも、リスクに鈍感になっているのだろうか、、、わかりません。

>旅行会社はHISですが電話で問い合わせたらツアー決行する気満々です。

その状況からすると、キャンセルするには自己都合のキャンセルとなりそうな感じですが、それはそれで、仕方ないのでは、と思いますが。

旅行代理店はお客の安全を100%保証してくれるわけでもないです。やはり基本は、自分の身は自分で守る、です。

もちろん、代理店がツアー催行するなら行く、という判断があっても良いわけです。そこはもう、個々の判断というしかないです。
回答投稿日時:2017/8/19 6:51
昨年のパリのテロの2か月後にパリに行きましたが、日本人、韓国人、中国人の団体客がエッフェル塔、凱旋門から見事に消えていました。
パリは白人系の観光客であふれかえっていました。
今年は6月にイギリス、アイルランドに行きました。
やはり東アジアの団体客は殆ど見かけませんが、良い季節なのでフランス語ドイツ語の観光客で何処も賑わっていました。
テロ直後なのでご心配はわかりますが、外務省が退避勧告や渡航中止勧告を出さない状況であれば現地は世界レベルで見ると危険水域では無いと言う事ではないでしょうか?
JTB等他の大手旅行会社の対応次第で今後変わるかもしれませんが、HISが真っ先に中止する事はあり得ないと思います。

今年の1月にこれもテロ直後のトルコに行きました。あの「てるみくらぶ」利用でしたが完全に満席でした。添乗員さん曰く「てるみくらぶ」や「○○○」を利用する方は旅慣れている方が多くてこれくらいでキャンセルされる方は少ないです。
回答投稿日時:2017/8/19 7:02
政府(外務省海外安全情報)公式会見では、スペイン、バルセロナは危険度「0」です。今回のトラックテロで身内のご心配は理解できますが、旅行会社がツアー禁止にするレベルではないという事です。私の友人は明日のFCバルセロナスタジアムにBetis戦を見に行きます。そんなレベルです。
回答投稿日時:2017/8/19 10:06
むしろ今は安全です
もちろん「絶対おきない保障」はできませんが、それは世界のどこにいてもおなじです

今は警察も厳戒態勢であり、ツアーということもあって安全性にも考慮するでしょう
むしろ行くべきだと思います