共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数2

投稿日時:2017/5/15 18:28


パリ ルイヴィトン本店の免税手続きについて。

先日、パリのルイヴィトン本店でバッグを購入しました。英語で話すスタッフだったため、よくわからなかったのですが、お店ではパスポートを見せず、
クレジットカード決済しました。
免税手続き書類?が入った封筒と(白とブルーの)、レシートのようなものをもらいました。
クレジットカードに免税金が入金されるというような説明だったと思うのですが、
帰国してから、調べてみると、現地の空港で手続きが必要みたいで・・・

なにもしなくても返ってくると思っていた私がいけないのですが、
みなさま、どのような手続きで免税手続きされましたか?
もう戻ってはこないのでしょうか・・・。
回答投稿日時:2017/5/15 18:55
>なにもしなくても返ってくると思っていた私がいけないのですが、
そうですね。
ガイドブックもロクに読まない情弱では損してもしょうがないのでは?
ガイドブックじゃなくてもちょっと検索すれば方法は日本語で出てますよ。
http://jams-parisfrance.com/info/detaxe_taxfree2/

添乗員付きのツアーならクレームを出しては?
せいぜい謝罪されるだけでしょうが気が済むならやればいいと思います。

今までヨーロッパで免税手続きをやった時を考えるとショップの店員さんは書類を渡してくれるだけです。
それを持って空港で手続きしろなんて誰も言いませんでした。
もちろん手続きが必要な事は知っていたので空港で手続きしました。

団体ツアーで連れて行かれる土産物屋は、日本人の店員がいて書類を作ってくれて空港で手続きしてくださいと言ってくれますが、それ以外の店でそういう店員は見た事ないですね。

還付金は手数料等引かれるので購入金額の10%程度です。
勉強代と思って諦めましょう。
回答投稿日時:2017/5/15 21:20
手続きにも色々な方法があり日本に帰って来てからでも何とかなる物もありますので調べてみましょう。いくらの買い物をしたのか不明ですが、大した額が返って来ないのなら手間と相談しておきらめるかですね。
フランスの税金還付手続きは面倒ですが、これでも昔と比べたら随分と簡単になったのです・・・

手続き方法云々ではなく「何故税金が返ってくるのか?」と考えれば自ずと理解出来ると思います。どこかの国みたいに空港の登場口で渡されるよりはマシかナ?