大切なお知らせ

TripQは2020年2月末にサービスを終了します。
詳細はこちらをご覧ください。
https://note.com/yahoo_travel/n/n582117f43b1a

共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数4

投稿日時:2017/5/11 0:40


初めて海外に行くのですが、航空券の発券などについて無知で不安になったので質問させていただきます!ちなみにわたしは未成年でシンガポールに行きます。羽田からシンガポール航空券は片道ずつ違う会社から買いました。
行きの便は、未成年なので親の承諾書や搭乗手続きに必要な書類や何時までに手続きを済ませておくかなど細かく書いたメールが送られてきたので大丈夫なのですが、帰りの便が心配です。
帰りの便はチェックインの際書類ではなくeチケット控えなどを見せるだけらしいのですが、航空券の発券はシンガポールでするのでしょうか?
回答投稿日時:2017/5/11 1:06
現在、紙のチケットは一部の例外的な航空会社を除いてつかわれていません。eチケット控えは単なる控え(メモ)であって、チケット本体は航空会社のコンピューターにある電磁的記録です。なので空港でチェックインするのに必要なものはパスポートだけです。

あと、空港でチェックインするとボーディングパスを渡されます。そこには、便名、行き先、氏名、座席番号などが書いてあります。これのことを航空券と勘違いしていませんか?
回答投稿日時:2017/5/11 1:19
eチケット自体が航空券です。
もし、そのeチケットの控えに帰りの便まで書かれていたら、すでに行きの時点で帰りの分も発券されています。

現在では紙の航空券はほとんどeチケットに置き換わってます(eチケット本体は航空会社のコンピュータの中にデータとしてあります)。なので、「eチケット控え」という言い方をします。

航空会社のチェックインカウンターで貰うのは「搭乗券」(Boarding pass)です。
回答投稿日時:2017/5/11 8:55
はい、現地シンガポールのチャンギ空港にあるチェックインカウンターまたはKIOSK端末で搭乗券を発券します。この際にはEチケットを見せなくてもパスポートを渡すだけでだいたいはOKです。パスポート番号に情報はひもつけされていますから。

(航空券は廃止されEチケットに変わってます。搭乗券と混同しないで下さいね)


最近のチャンギ空港のトレンドはKIOSK端末を設置して自分で搭乗券を発券させる航空会社が増えておりスーツケースのタグまで印刷してベルトへ乗せる、というセルフもあります。

また航空会社によっては48時間前とかwebチェックインが出来て搭乗券を自分で印刷出来ます。スーツケースを預けるなら二度手間かも知れませんが(笑)

ご参考に。
回答投稿日時:2017/5/11 14:37
航空券というもの現在では殆ど使わず、チェックインカウンターでパスポートを提出すると便名や座席が記載された「搭乗券」がもらえます。
だいたい搭乗の2時間前にカウンターに行って1時間前までに出国審査ができれば問題ないと思います。
搭乗ゲートが空くのは出発の50分くらい前で、そこから荷物検査をして機内に乗り込みます。
チャンギ空港は羽田と違って①チェックインカウンターでパスポートを出して搭乗券をもらう②出国審査場で入国カードの半券を提出して、出国スタンプをもらう※この際に警備員がパスポートと搭乗券をチェックします。③免税店コーナーで買い物しながら搭乗ゲートへ向かう④搭乗ゲートで荷物検査をする(※ここで100ml以上の水分の入ったボトルは没収になります)⑤搭乗という流れになります。