共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数4

投稿日時:2017/4/24 0:06


七月にハワイ旅行に行きます。その時に、MIZUHOセゾンのクレジットカードか、
プリペイドカードを作って持っていくか悩んでます。
どちらが良いとかありますか?
すみませんが教えて下さい。
回答投稿日時:2017/4/24 0:52
プリペイドカードは全く意味がありません。
クレジットカードにすべき。

なお、みずほSAISONカードを作るなら、VISAとJCBは海外旅行傷害保険が付帯していませんので、AMEXにすべきです。
http://www.saisoncard.co.jp/lineup/ca098.html

カード1枚だと不安ですから、海外旅行傷害保険の補償額を増やすためにも、他のカードも作っておくことをお勧めします(補償額は、死亡補償を除いて持っているカードの分が加算される)。
1枚しか持っていないと、何らかのトラブルでATMで使えない場合があるので、予備用に最低もう一枚用意しておいた方が無難です。

楽天ゴールドカードは、年会費が2000円かかりますが、国内の主要空港および、ホノルルと仁川の空港のラウンジが使えるのでおすすめです。
https://www.rakuten-card.co.jp/campaign/gold_card/?scid=af_oth_pc_tg

同行の家族がいるなら、家族カード(年会費500円)も作れば、一緒にラウンジが利用できます。
回答投稿日時:2017/4/24 22:15
学生さんなど信用度の低い人は利用限度額が20万円程度のクレジットカードしか作れません。親御さんがカード持ってればその限度額まで使える家族カードが作れます。
プリペイドは銀行に残高があればその額まで使えます。
個人旅行でホテルを泊る時やレンタカーを借りる際のデポジットはクレジットカードです。プリペイドカードは使えません。
回答投稿日時:2017/4/24 9:53
プリペイドだとホテルのデポジットとして使えない場合もありますし、海外事務手数料が3~4%(クレジットカードは1.63%)、CASHPASSPORTの様にj最初からUS$へ入金して持って行けば手数料をおさせられるカードもありますが、国内では使えず円に再両替する際に手数料が発生します。
クレジットカード付帯の海外旅行保険は疾病死亡は対象外、医療費補償がゴールドでも300万円位しかないので、医療費の高いアメリカでは医療費部分を増額するか別途海外旅行保険へ入る事が推奨されています。
回答投稿日時:2017/4/24 0:24
プリペイドだと付帯保険がないのと、個人の支払い能力(要は信用)が相手に分からない場合があるので、クレジットカードの方をお勧めします。