大切なお知らせ

TripQは2020年2月末にサービスを終了します。
詳細はこちらをご覧ください。
https://note.com/yahoo_travel/n/n582117f43b1a

共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数4

投稿日時:2014/5/12 18:41


ヨーロッパ旅行のルートについて こんにちは、今イギリス在住で今度ヨーロッパの方を少し旅行をしたいと考えていますがプラハかブダペストを拠点にそこから2か国くらい回ってからイギリスに戻ろうと計画していますが、プラハもしくはブダペストを最初の起点として移動費やら物価などを考慮して一番コストパフォーマンスがよさそうなルートはどう回ればいいでしょうか?プラハとブダペストはあくまで最初の拠点として選んだだけなのでどっちも必ず入ってなきゃいけないということはありません
回答投稿日時:2014/5/12 18:57
ブダペスト→ブラチスラバ→ヴィエナ→ザルツブルク→ムンヘン→ニュルンベルク→ドレスデン→プラハ

ブダペスト→ブラチスラバ→ヴィエナは船でも結構。高いですが。ムンヘン、ニュルンベルク共にプラハ行きDBBUSがありますから途中でやめても結構!!

どうも。
回答投稿日時:2014/5/12 19:40
チェコの入国には、海外旅行保険の本人加入証明書(証券)が必要です。
その額も、一般的(傷害、治療は各200万円)ではないものです。
チェコの要求は各30,000€=¥4,200,000です。
私達がチェコ大使館に質問した回答は下記でした。(2014年1月31日)

シェンゲン協定国での短期滞在に、3万ユーロ相当額以上の海外旅行傷害保険に入っていなければいけないという規定は、昔からあります。事実、シェンゲンビザを取って行かなければならない国籍の方々(中国籍、東南アジア諸国の国々等)は、ビザを取る際にその証券を見せなければビザを取ることができません。ただ、ビザ不要で入国できる方は、国境でのコントロールが事実上ないので、これまでも、そして今でも、ノーチェックで入ることが出来ております。ただ、最近、チェコの街中で警官に保険の提示を求められ、それが出来ないと罰金を払わなければならないケースが(ケースとしてはかなり少数ですが)報告されていることから、保険の携帯をお勧めしております。ですから、入国の際に提示を求められるということではなく、街中でのコントロールの際に対処できるように、保険の証券を念のためにお持ちいただきたい、ということです。

また、内容ですが、規定としては3万ユーロ相当額となっていて、ご指摘の通り420万円以上ということになります。ただ、これまでも、ビザを取らなければならない方々の時に、カードの下記内容と同じ額の保険で通ったことはありますし、さらに、万一警官のコントロールを受けても、その場で警官が円=ユーロの相場を知っていて2百万円では足らないではないかと指摘できるとは思えません。それでも、カードを見せるだけでは保険の内容がわからないので、紙ベースの証券をカード会社から取って行かれた方が良いと思います。
回答投稿日時:2014/5/13 0:19
プラハとブダペストなら両方行けるでしょう。

ルートはどう周っても、行く場所が同じならコストも一緒。移動手段によって違ってくる程度です。(物価はルート変えたって変わりませんから)早割なら電車も安いですが、直前のチケット購入でも安く行けるのはバスでしょうね。(国内は電車しかない区間もありますが)

どれくらいの期間行かれるのか知りませんが、
プラハ→チェスキー・クルムロフ→ザルツブルク→(ザンクト・ギルゲン、ザンクト・ウォルフガング、ハルシュタット)→(メルク・デュルンシュタイン)→ウィーン→(ブラチスラバ)→ブダペスト

で4カ国周れます。まあ、ブラチスラバは見所も少ないので外してもいいのですが。カッコ内も時間がなければ外しましょう。チェスキーからザルツまではシャトルバスが出ています。
回答投稿日時:2014/5/13 0:37
まず最初に、ヴィザは大丈夫ですか?
ビザなし(観光)滞在やStudent Visitor Visaだと再入国が大変ですよ。
英国での滞在を全て終わってからヨーロッパ旅行に出た方がいいです。
二度と英国に戻らないようにするのが吉。

長期ビザ(英国出入国が簡単)をお持ちの場合ですが、

期間がわからないのと、
どこへ行きたいのかがまるで書いていないので有効なアドバイスは難しいです。
プラハからニカ国とブダペスト拠点の二カ国では範囲が違っても来ます。
どこへ行きたいのか補足してください。

ネットやガイドブックで行きたい場所が見つかったら、それらを一筆書きで結んでルートを考えてみる。
そうする事でどの都市を起点にするか、どこからイギリスに帰るべきか、
自ずと見えると思います。