共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数3

投稿日時:2011/6/26 11:27


タイカンボジア国境 世界遺産プレアビヒア寺院 タイ政府は(ユネスコ)世界遺産条約から脱退を決めた・・・etc 速報で<世界遺産「プレアビヒア寺院」周辺の国境未画定地域の領有をめぐってカンボジアと対立するタイ政府は6月25日夜、世界遺産条約からの脱退を決めた>とありますが、なぜそもそも国境未画定のままだったのですか?一番肝心なところがあやふやです。
タイとフランスがどのようにして国境を引いたのか?なぜダンレク山地とカンボジアの平野との境に沿って国境にしなかったのか?カンボジアが独立してからの対応など詳しい詳細が分かる方、かなり詳しくマニアックに教えて下さい。宜しくお願いします。
回答投稿日時:2011/6/27 5:09
ゆめきの日々・・・回答
タイとカンボジアの国境紛争は、歴史的に長く現在も「継続中」というのが
カンボジア人の考えですので、常に国境紛争はカンボジア国民の一大関心事です。
お話の寺院周辺の国鏡ですが、寺院だけはカンボジア領内となっていますが、周辺の土地にはタイの土地が鋭角に切り込むように確定させられていますので、過去の歴史の中でカンボジアが軍事的に劣勢で土地を奪われた事が強く推認可能です。
更に、寺院の左方の土地と右方の土地についてもタイが所有権を主張しており、常に弾丸での話し合いというか武力で決着を余儀なくされた歴史が
ありますが、インドネシア派遣の国連代表の仲介による話し合いがなされて、とりあえず「休戦」状況。
この件についての詳しい話は、「ゆめきの日々」検索 日記に記述
※両国での土地諍いは常に武力がともなっていますけれど、メジャーな
国境である「タイ側アランヤプラテート・カンボジア側ポイペト」の通行については概ね安全が保証されていますので、両国往来と通商は保持されていますので、自ら危険をしなければ問題なし。
※日本外務省発表の情報は、両相手国に「気兼ねしながらの」発表ですので正確ではありませんしなにより遅延する場合が多くので、外国では必ず
CNNと現地のテレビを視聴するように留意して下さい。
言語が理解できなくとも、「異常事態の映像は推測可能」です。
回答投稿日時:2011/6/27 4:17
http://en.wikipedia.org/wiki/Preah_Vihear_Temple
Modern history and ownership disput の項目をお読みください。
回答投稿日時:2011/6/26 14:21
現状の暫定的な国境は、仰る通り、ダンレク山地とカンボジアの平野との境です。
さて、クメール式の寺院は、長く緩やかに登っていく参道の先、断崖に作られることが多いのです。カオ・プレアビヒアもクメールの伝統様式に則って建設されていますから、当然ながら、山中に建てられております。つまりはカンボジア領内、ということになる。
ところが、タイの東北部、イサーンには、ピーマイをはじめとする相当数のクメール式寺院が存在しています。これはもう、クメール寺院群、と呼べるほどの密集地帯なんです。で、カオ・プレアビヒアもこの寺院群に含まれる。でも、暫定国境線の向こう側にある。
ということで、タイ政府はカオ・プレアビヒアの領有権を主張しだしたのです。
15年以上前は、カオ・プレアビヒアはポルポト派の拠点となっており、全く接近できなかったんですけどね・・・。
追記;
国境は未画定なんかじゃないです。近年、タイ政府が、一方的に領有権を主張しだした・・・。20年近く前、パーミットを取得してカオ・プレアビヒアを訪問された方もいるよ。私は、見つけたガイドがみんな尻込みしたから行けなかった。朝日だっけ?記者の乗ったヘリが地雷に触れて亡くなったこともある。
国境は、河川でない場合はあいまいです。「この辺」という感じで決まってます。タイ・ビルマ国境付近でバイクを借りて走ってたら、いつの間にやらビルマ領内に入ってたこともある。
タイとフランスの国境?植民地の国境もデタラメです。インドやアフガンも、国境問題を抱えてます。陸路でいくつも国境を越えられれば、アジアの国境の概念がそれほど厳格ではなかったことがご理解いただけると思う。
「我が王朝に税金を納めているところ」が国土です。中国があちこちで国境紛争をかかえてるでしょ?大国間に挟まれた小国家は、両方に朝貢したのよ。琉球王朝がいい例です。だからもめる。日本だって中国に朝貢してたでしょうが?だから、言いがかりをつけられる可能性もあるよ。「日本は中国の一部である」ってね。
一番肝心なところ?あなたが、どの国家にも歴史的に「定規で線を引っ張ったような国境がある」と思い込んでおられるのが大間違いです。近代国家の概念のひとつである「国土」の概念は、アジアじゃそれほど厳密じゃなかったのです。