共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数3

投稿日時:2005/7/22 20:50


チェコ共和国の人は無宗教の人が多いって本当ですか?
それが本当ならどういう歴史で無宗教の人が多い国になったんですか?
回答投稿日時:2005/7/22 20:56
ローマ・カトリック教徒がもっとも多く人口の約39%を占め、ついでプロテスタント約5%、東方正教会の信者約3%となっている。約13%は特定の宗派に属さないキリスト教徒または他宗教の信者である。住民の約40%が信仰する宗教をもっていない。

Microsoft (R) Encarta (R) Reference Library 2005. (C) 1993-2004 Microsoft Corporation. All rights reserved.

40パーセントが、多いか少ないか
わかりませんが
戦後50年近く、無神教(共産主義)教育されたからでは。
回答投稿日時:2005/7/22 20:57
40年以上続いた共産主義時代に宗教の信仰が厳しく禁止されていたためか、現在チェコ人の約40%は無宗教です。共産主義時代には十字架や星の形をした物をもつことさえ禁じられ、クリスマスに教会へ行く人は秘密警察によって監視されていたそうですから、その時代を経て多くの人が無宗教であることにもうなずけます。
回答投稿日時:2005/7/22 21:01
外務省のデータによると
カトリック 26.3%、無信仰 58.3%
となっていますね

推測ですが
おそらくチェコ
長くソ連の元
共産主義体制であった為
宗教は否定されていました
その結果だと思います

共産主義者の元祖マルクスは
信仰は理性をマヒさせるアヘンのようなものではないか
と言っています
この事から共産主義にとって宗教はタブーなのです

ちなみに共産主義時代は
クリスマスも祝わなかったそうです
熱心なクリスチャンは
モミの木祭りと称して
宗教色を隠してお祭りしてたそうですがね
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/czech/data.html