共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数3

投稿日時:2010/11/5 18:46


バングラデシュのガイドブックについて質問です。

私は、来年四月からバングラデシュ~インドを四ヶ月ほど貧乏旅行します。 今、バングラデシュについて、どのガイドブックを持って行くか検討しています。

先月、『地球の歩き方』の「バングラデシュ」が刊行されました。
これまでバングラデシュのガイドブックは、ロンプラ(英語版)や旅行人のものがありましたが、これらと比べて今回刊行された『地球の歩き方』はいかがでしょうか。
情報量・使い勝手・正確さ(地図や情報の)・総合、この四点で三冊のガイドブックは、それぞれどういう順位になりますか。
一冊だけの感想でも良いので、回答宜しくお願い致します。
回答投稿日時:2010/11/5 23:00
『地球の歩き方』は全般的にいえますが、写真が多すぎる気がします。
行く前に現地の写真を見ると、せっかくの感動が薄れる気がします。
ロンプラは国にもよりますが地図がいい加減だったりします。
回答投稿日時:2010/11/6 2:05
来年GWに予定しています。
だから、これららなのですが、「それでもあたしは歩き方」です。

旅行人は評価は高いみたいですが、写真が多すぎ、その分重いように思います。
ロンプラは読めても、やはり母国語ではありません。

ですので、とりあえず歩き方を持参し、行く前にネットでバイリンガル的な人が体験して良かった所を調べてから、「良いトコ取り」しようと思います。

もちろん荷物に余裕がれば、全て持って行けばいいですけどネ・・
回答投稿日時:2010/11/6 18:43
英語版を使ってもよいならロンリープラネットのほかこんな本もありますよ。
「Bradt Bangladesh (Bradt Travel Guide)」 http://www.amazon.co.jp/dp/1841622931
こちらでプレビュー可能です。
http://books.google.co.jp/books?id=TT2z_1ajY4AC&printsec=frontcover
情報はロンリープラネットより少し新しいです。
各地のホテルの情報はこっちの方が良いかと思います。

旅行人の内容は少し古いため値段や名前に関しては、ご注意ください。
ですが、地方都市に関する情報量は地球の歩き方より多いです。