共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数3

投稿日時:2009/11/1 1:33


将来イギリスに行きたいと思っています
ロンドンあたりとか・・・

日本と違う文化で困ることや日本にはない危険なことってありますか?
回答投稿日時:2009/11/1 2:40
自転車が道交法に従い道路を走っています。
つまり日本みたいに、気分で歩道を走ったり道路の逆を走ったりがありません。自転車レーンもあります。

このため人が道路を渡るとき、信号を無視して歩行者が飛び出た場合とか、信号が渡る途中で変わるようなとき、バスやトラックなど大型の車が目前にいると、バスは気がついて止まったりスピードを緩めてくれますが、バスの死角からスポーツタイプの自転車が自分の青色信号に従って猛スピードで出てくることがありますので、ぶつかる事故が起きることがあります。自転車レーンを走る自転車からも渡る人が見えないのです。
大通りで自転車レーンがあるかどうかも注意しながら、道路を渡りましょう。

http://sazaepc-tasuke.seesaa.net/article/122953081.html
回答投稿日時:2009/11/7 4:07
「文化」の定義にもよりますが、日常生活をする上での違いについて質問されているのであれば、もちろん違いは多数ありますが、大阪と東京の違い、都会と田舎の違い同様、あくまでご本人の慣れの問題です。
若者の街カムデンで夜中に日本人一人で歩いているとドラッグディーラーに声を掛けられたり、酔った若者に絡まれたりすることはあります。しかしこれは渋谷のセンター街だって同じでしょう。
また、ロンドンにいらっしゃる理由が旅行ならば、時差・言葉・通貨・食事が最大の違いだと思いますが、それによって困ることはあっても、そうした状況を愉しむのが海外旅行の醍醐味ですよね。

一方、長い期間生活をするのであるならば、生活上の不便さは慣れてしまいますので大丈夫です。日本にだって危険なところは一杯あるし、貴方がそういったところを経験や情報から知っていて、意識的に若しくは無意識に近づいていないだけだと思います。
但し、1~2年の留学程度ではなく、現地で家庭を持ったり、居住権を持つほど長い生活になると、市民権(社会保障を含む)、人種差別、宗教等がジワジワと影響を与えます。これは海外生活では絶対にあることです。
英国は(これからは英国の移民政策動向次第ですが)これまでは比較的外国人や異なる宗教に対して寛容でした。NeyYorkであの9.11が起きた時も、その後に起きたロンドン連続爆弾テロ時も、大騒ぎにはなりましたが、街もオフィスも新聞の論調も皆平静さを保ってましたし。ただ、そうした英国はつい最近の好景気で人々の余裕に支えられたものであり、欧州全体が不景気に転じた今、今後どこまで理性的であるかは分かりません。よって、長く生活をされるのであれば、環境の変化が起きたとき逃げ帰る場所が母国にあるか、現実を受け入れ英国に骨を埋める覚悟があるか等が重要となります。
回答投稿日時:2009/11/1 4:07
日本と違う文化で困ることというと
「リクエストストップ」もその一つかもしれません。
ロンドンのバスのバス停は赤い地に白い文字が書いてありますが
その逆で白い地に赤い文字が書いてあるバス停は
リクエストストップです。バスが来た時に手を上げて合図をして
止めなくては乗れないシステムです。
ロンドンのバスならまだいいのですが
イギリスの地方の鉄道でもリクエストストップの駅があり、
電車がやってきた時にちゃんと合図に気づいてもらえないと
電車は通過してしまいます。

なお、合図は腕を車道側に突き出すように真横に伸ばします。
タクシーを止めるのもこの合図です。
タクシーが止まったら助手席の窓越しに行き先を言ってから
乗り込みます。ドアは自分で開閉してください。