共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数5

投稿日時:2017/9/26 5:56


世界で1日あたりの便数が最も多いのは香港/台北線のようで、
なんと18分毎に1便が運航されてる計算になるそうでか、
どうしてこの路線はこんなに他頻度運航されているんでしょうか?

https://tw.news.yahoo.com/全球最繁忙航線揭曉-台北-香港-每18分鐘-班-063100530.html

しかも、使用されている機材はボーイング744や777、エアバス330など
大型機から中型機ばかりです。

以前のように中国から台湾に直接行けないとかいう訳でもないのに、
今でもそんなに需要があるんでしょうか?
回答投稿日時:2017/9/26 8:18
単純に言えば、需要がなかったら飛ばないのですから、相応に需要があることは間違いないのです。
回答投稿日時:2017/9/26 8:18
台湾と中国本土直行便は便数に制限があり拡大する訪台需要に追いついていないと言うのもあります。

また航空会社サイドでも片道わずか1時間半であれば1日に1機で3便も4便も飛ばせるので、収益性が高い路線とも言えます。ボーイング737やエアバスA321等の小型機の運用もありますが、大型機が中心です。

また台北は北米の航空会社が成田経由便の直行便化(デルタ航空)や新規就航(エアカナダ)もありますがまだ少数派で、欧州やオセアニア等未だ台湾へ乗り入れていない航空会社も多々あり(KLMくらい)、香港の乗継需要は相変わらず旺盛です。
回答投稿日時:2017/9/26 8:24
そのくらいチャイナマンの数が多いということです。全人口の28%。彼らの動向次第で世界の食料価格が上下するっていうくらいです。
回答投稿日時:2017/9/26 9:02
そのデータ、信頼できるの?

http://blog.livedoor.jp/journeying/archives/1047912518.html

上記は「利用客」のデータであり、便数とは直結しませんが、そもそもベスト5にも入っていない(8位)ですからね。

ちなみに、↓で香港‐桃園の便を(コードシェアを除いて)カウントしたところ、1日43便。

http://flyteam.jp/airline_route/hkg_tpe/flight_schedule

一方、羽田‐新千歳で同様にカウントすれば、1日56便にもなります。

http://flyteam.jp/airline_route/hnd_cts/flight_schedule

台北には松山空港もあり、国際線の場合はこちらもカウントされることがありますが、松山‐香港の路線はありませんからね。
回答投稿日時:2017/9/26 10:33
2016年香港に訪れた台湾人旅客数は200万人超えでした。香港+マカオから台湾に訪れた旅客数も160万人超えでした。

また、キャセイパシフィック航空は香港と台北の空港をハブ空港としているので、香港ー日本の乗継便も台北経由が多いです。