共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数8

投稿日時:2017/9/10 5:46


香港とマカオってどう違うんですか?
旅行に行こうと思うのですが香港に行こうか、
マカオに行こうか迷っています。
香港とマカオって英語が通じるんですか?
言葉は何語ですか??
食事は中華料理と洋食があるんですか??
回答投稿日時:2017/9/10 5:51
香港は元イギリス領で戦争中は日本に占領された

マカオは元ポルトガル領だったので日本に占領されなかった

住民の日本に対する感情も微妙に違うかも
回答投稿日時:2017/9/10 10:00
標準語からは程遠い中国語ですよ。

シェーシェーなんて言わないんだから。
回答投稿日時:2017/9/10 11:20
元英国領(香港、150年以上)と元ポルトガル領(マカオ、400年以上)の違いぐらいですね。

面積でいうと香港の方がずっとでかいです。日本からの直行便が多いのは香港です。マカオにはまだ鉄道がないので交通の便利さでいうと香港が上です。

香港+マカオ」セットで行くのが普通ですが、国際都会+買い物+ハイキング好きなら香港、ヨーロッパ風世界遺産+カジノ好きならマカオですね。

公用語はどちらも「広東語(口頭)+中国語(繁体字)」がメインですが、香港だと英語も公用語になっています。それに対してマカオはポルトガル語も公用語担っています。
香港は元英国領なので、タクシー運転士さんとローカルな食堂以外だいたい英語が通じます。マカオも、観光都市なので香港ほどではないかもしれませんが通じると思います。

グルメだと、香港は「広東料理(ヤムチャ、海鮮)」と「アフタヌーンティー」が有名で、マカオは「ポルトガル料理」が有名です。
回答投稿日時:2017/9/10 23:41
香港は台湾を発展させた感じ。派手なとこから夜市みたいなストリートもあるし、ビジネス感もある街なのでホテルもマチマチ。マカオは完全リゾート。バカンスです。五つ星に泊まればプール、レストランもあってホテル内で楽しめます。観光も出来ます。香港もマカオもは広東語、中国語、英語ですが、英語はそれなりの場所だけ。食事は香港料理、中華、洋食も何でもあります。マカオはポルトガル領だったのでポルトガル料理も多いです。
回答投稿日時:2017/9/11 9:56
食事?世界中の国の料理を食べることができます。


英語は通じにくくなってきましたね
回答投稿日時:2017/9/13 13:28
どちらも歴史的な背景は少し似ています。
場所もとても近いです。

香港からマカオ(もしくはその逆)に日帰りで行く人も大勢いますので、もし日程に余裕があってどちらも気になるようでしたら、両方とも行ってみてください。そしてできればマカオの大型カジノホテルに泊まってみてください。

香港はイギリス領だったので、英語が公用語の一つ。
マカオはポルトガル領だったので、ポルトガル語が公用語の一つ。

香港マカオどちらも、庶民的なお店やタクシーのおじちゃんやおばちゃんはほとんど英語が喋れない人が多く、またホテルや空港等の外国人を多く相手する場所の比較的若いスタッフ等は日本人よりも英語ペラペラで早口な方が多く感じました。
香港もマカオも市民の公用語は広東語です。

深いコミュニケーションを求めなければ、空港やフェリーターミナルやホテル等は英語で大丈夫です。
タクシーの運ちゃんにはスマホの画面やガイドブック等で漢字表記の目的地を見せれば大丈夫です。
香港はもろ中国色の強い小さな飲食店でも、たいがいはメニュー表全てに英語表記がついてます。
マカオはフードコートばかり行っちゃって、よく分かりませんが、全体的に香港と色んな部分で似ています。(でも景色や雰囲気はちがいます。)


マカオはここ10年くらいで急激に発展しましたが、元々はこじんまりとした田舎っぽい雰囲気の街で、今でも大型ホテルや中心地から少し離れるだけでのんびりした雰囲気です。

香港は世界有数のビジネスと金融のセンターで、かなりの都会です。食べ物は世界中の料理が食べられますが、やはり観光客向けと言えば中華料理、飲茶、イギリス式ハイティー、麺粥、香港式洋食、B級グルメ系、高級ホテルのフレンチやイタリアン等でしょうか。もちろん日本食も高級和食からCoCo壱番屋や日本の居酒屋チェーンまであります。本当に何でもあります。東京のようなものです。

マカオはそこまで多種多様ではなく、中華系の庶民的な食べ物だと大体香港と同じような感じですが、是非とも食べてほしいのがポルトガル料理とマカオ料理です。…と言っても私は食べた事ないのですが。
ガイドブックを調べるとどちらの料理も予約必至の有名店の名があがるのですが、有名店にこだわらなければ普通に街中にお店あります。
その他、高級ホテル内には世界的に有名なフレンチやイタリアンの名店もあります。
私は街中でたまたま見つけて入ったポークチョップバーガーのお店がすごく美味しかったです。マカオで有名なお店なのですが、たまたま通った道に支店がありテイクアウトしました。

香港もマカオもリピートしてます。
日本からも近いし、どちらも都会的で大人っぽい雰囲気の街なので好きです。
回答投稿日時:2017/9/13 15:44
フェリーで1時間ですし、フェリーは24時間運航していますから、よろしければ是非両方行ってみて下さい。ちなみにヘリなら20分です。日本円にして20,000円くらいしますが・・・

全体的に英語でまあ大体何とかなります。どちらも観光客の扱いには慣れていますし。

食事も何でも有りますが、せっかくですから、香港では本場の広東料理や飲茶、マカオではポルトガル料理なんかよろしいんじゃないでしょうか。
回答投稿日時:2017/9/14 22:15
まず、日本人は香港、マカオ、中国と区別して呼びますが、香港とマカオは中国の都市です
ただし、特殊な歴史を歩んだため、特別行政区として中国大陸とは違う法律を持っています。
香港はイギリスの植民地、マカオはポルトガル語の植民地だった歴史があります。


香港に行けば、2階建てのバスやイギリス英語の案内などイギリスの影響が垣間見えます。
香港は世界でもニューヨークやロンドンに次ぐ金融都市なので、国際色豊かな大都市です。
世界中の名店が集まり、グルメのレベルも非常に高いです。
山がちな地形のため、高層ビルが密集しています。太平山(ピーク)からの夜景が非常に有名です。
逆に、イギリス風の建築物はあまり見受けられません。
無理やりたとえるなら、国際色が豊かで金融が非常に発達していますので、ニューヨークのような街です。

マカオはポルトガルの植民で、現在は世界有数のカジノ街と豪華ホテルやショッピングモールなど娯楽の街として栄えています。
大きな噴水ショーなどもですね。
また、ポルトガル風の建築物もよく残っており、歴史を感じられるエリアです。
こっちも無理やりたとえるなら、娯楽都市ですので、ラスベガスのような街ですね。

ニューヨークとラスベガスを似たような街と思う人はいないと思います。
同様に、香港とマカオは全く性質が違う街です。


言語は両都市とも広東語と呼ばれる言語を使います。
広東語は広東省周辺を中心に話されている言葉で、中国語の方言とされていますが、その違いは大きく、普通話(中国語の標準語)を話す中国人は理解できません。
香港を中国語で発音すると「シャンカン」ですが、広東語では「ヒョンゴン」で、日本も中国語では「リーベン」ですが、広東語では「ヤップン」というように全く別の言語のように発音します。
ただし、両都市とも中流階級以上の人間であれば、問題なく中国語を理解します。

英語については、意見が分かれる所ですが、世界有数の観光地ですので、有名スポットは全く問題なく通じます。
特に香港は、イギリスの植民地だったので、英語が現在でも公用語ですが、アメリカ人やイギリス人のように流暢に話すかと言われれば、NOです。
ただし、その辺のおばちゃんでも、簡単なやり取りくらいはできたりすることも多いです。
日本より遥かに英語の通用度は高いです。


香港とマカオをフェリーで1時間の距離ですので、一緒に回る人が多いですね。
有名なスポットなら3泊4日くらいあれば十分です。