共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数8

投稿日時:2016/11/30 15:48


香港英語が公用語ですよね?香港英語が公用語だから、当然みんな英語を喋ってるわけですよね?
回答投稿日時:2016/11/30 15:58
香港人の殆どは広東語を話してますよ。
英語を使うのは外国人と接する仕事をしている人。

勿論、大陸の中国人よりは数段英語がうまいけど、
シンガポールに比べれば幼稚な単語しか話しません。
回答投稿日時:2016/11/30 16:01
英語は、イギリスの統治が始まってから1974年までの間、唯一の公用語とされていましたが、広東語も事実上の公用語でした。前述の通り英語は、香港返還後も中国語に 並ぶ公用語として規定されています。
学校での授業は英語、家庭では広東語という環境で育った人が多いです。
返還後は変わってきているのでは?
中国人は「香港は中国だ」と言っていますからね。
回答投稿日時:2016/11/30 16:16
どこでも誰でも英語が通じるとお考えなら通じませんよ
回答投稿日時:2016/11/30 16:54
香港英語が通じるというのは日本人の思い込みです。ほとんどの人は広東語で生活をしているわけですからね。実際に行ってみればすぐわかることなんですが。

通じるのは観光地で外国人相手の商売をしている人だけ。そりゃもちろん、アジア諸国の間では通じやすい地域ではあるけれど。
回答投稿日時:2016/11/30 17:28
これツリ?

公用語っていうのは公的な文書においては英語
使用されているってことです。
あと地下鉄の表示とか道路標示とか、そういう
公的な部分にも英語表記はあります。
また外交的な部分とか、海外との取引がある企業
などでも英語使用はあります。

日常生活で使ってるのは英語じゃありません。
広東語です。
中国語にしてもマイナー方言的なものです。

生活は「公用」じゃないですからね。
回答投稿日時:2016/11/30 17:43
普段の会話はほぼ広東語、中国返還後は中国語の標準語(普通話)も話せる人が増えました。英語はそれなり以上の高等教育を受けた人や、海外とのやり取りの多いビジネスマンなんかは少なくともまあそれなりに出来ますし、中には大変上手な方もいらっしゃいます。

ですが、皆が皆喋れるというわけでは決してありません。割りと両極端かも知れません。

法律や各種規程、正式な契約書等は、中文と英文併記の場合が多いですね。
回答投稿日時:2016/11/30 17:54
ホンコン人の英語は案外レベル低い。もちろんできる奴はなんぼでもいるが、街中だと通じないことがいくらでもある。その程度を正確に伝えるのは難しいけど、マレーシア(都市部)のほうが通じるかも?
回答投稿日時:2016/11/30 18:19
今の若い香港人は通じないのが普通です

もちろんこの知恵袋にいる日本人程度の英語力はある人が多いですが

基本的には英語を専門的に勉強した人以外は通じないと思って大丈夫です

外国人客の多いレストランや観光施設は別ですが