大切なお知らせ

TripQは2020年2月末にサービスを終了します。
詳細はこちらをご覧ください。
https://note.com/yahoo_travel/n/n582117f43b1a

共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数6

投稿日時:2015/9/27 11:05


ロンドンに行った際、とても物価が高く感じたのですが1ポンドが190円くらいの換金率のせいで、実際は表示されている価格に0を2つつけたらそこまで物価が高いようにも思えませんでした。イギリス 人は1ポンド100円の感覚で買い物してるのでしょうか?また、経済に明るくないのですが今後近いうち(一年以内)にポンドが安くなる可能性はありますか?
回答投稿日時:2015/9/27 11:28
20数年以上海外出張や個人旅行で年に7~8回飛んでいますが、
現地の相場観は、
■ユーロ:1Euro=100円
■ポンド:1ポンド=120円
■スイスフラン:1フラン=90円
換算が相場観です。

為替の円安定着で、日本人の海外旅行は苦しいですね。
回答投稿日時:2015/9/27 12:00
そうですね。ユーロで給料もらっている私は1ポンド100円、1ユーロ90円感覚です。また牛丼値下げって差は開く一方かも?800円くらいが適正価格か?いくら先進国ではないと言っても日本の物価は安過ぎる(給料も)。
回答投稿日時:2015/9/27 14:19
イギリス人は一々ポンドを円に換算などしませんよ。彼らにとって全く関係ないことですから。
回答投稿日時:2015/9/27 15:34
こんにちは。
10年以上前ですが、イギリスに2年程住んでいました。
イギリスに住む日本人の物価感覚で言えば、1ポンド100円ならばしっくりくると思います。
滞在中に知り合い結婚した主人は、ポンドで収入がありましたので、ポンドだけの感覚だと、それ程高額とは感じませんでしたが(寧ろ生鮮食料品は日本より安く感じます)、改めてそれを日本円に直して計算すると、やっぱり高く感じました。
現地人は、ポンドはポンドで、外貨と比較する必要性はないので、1ポンドの感覚は1ポンドですよ。
日本人が買い物の時にドルなどの外貨の感覚を感じないのと一緒です。

また、庶民の金銭感覚は日本以上にシビアだと思います。
日本では近年ブックオフが洋服や生活用品のリサイクルショップを始めて、数が増え、一般的になりましたが、イギリスではかなり前から一般的で数も多かったです。(業者の物ではなくチャリティーが一般的ですが)
また、フリマも盛んで、日本よりもガラクタ発見率はかなり高いです(笑)
日本に帰国する際に、不用品を玄関先に出して、ご自由にどうぞと張り紙をしておいた所、ほぼ全ての物がなくなりました。
我が家の前は人通りが少ないにもかかわらずです。
日本だとお金を払って捨てる様な粗大ゴミ系(サドルのないパンク自転車や大きなラグなど)も、日本だとごみ捨て場にありそうな鍋釜などの明らかな中古品も、なくなりました。
お金を使う事に対する庶民の感覚は、日本以上にシビアだと思います。
回答投稿日時:2015/9/28 11:33
英国人は1ポンドを1ポンドの価値で生活しています!
英国人が国外に行くときなど初めて他国の通貨と比べることが出来ます・・・

期限付きで住んでいる日本人や来たばかりの日本人は円換算をするので日本円で幾らぐらいと言っています。
もう日本よりも英国が長い人たちは1ポンドは1ポンドです。

円が安くなりポンドから日本に送金すると以前よりも出費が減り非常に助かっています。
日本に住んでいない人たちは円安がありがたいということになります。
回答投稿日時:2015/9/28 12:11
それを変動相場制、と言ってますね。

理想からすれば、円高の時に海外旅行、円安の時は国内旅行で。

でも、それが出来ないなら、低物価低賃金の国を選びましょう。

EU諸国でも、イギリス・ドイツは、高物価高賃金好景気、の国ですから。