共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数2

投稿日時:2015/7/20 20:08


ネットで調べてみましたが、イマイチよく分からないので質問させてください。

アメリカや中国へ行く場合、ドルや人民元に両替しますが、日本の空港で両替した方が得なのでしょうか? それとも、現地で両替した方が得ですか?
現地で両替した方が得な場合は、空港で両替するのと街中の銀行で両替するのとでは、どちらが得ですか?

それらは、行く国によって違いますか?
回答投稿日時:2015/7/20 20:25
行く国によって違いますが、米ドル、英ポンド、ユーロなどは日本国内で両替していった方が現地についてかするよりお得です。

貨幣価値が弱い国でした方が得と考えると、人民元は現地の方がお得になります。
一概には言えませんが、ほぼこの考えで大丈夫です。
回答投稿日時:2015/7/21 7:17
metoujyouさん

↓の方の回答で大体あっていますが、もう少し正確に言うと、

まず結論は、
「行く先の国によって、具体的には替える通貨によって違う」
です。

日本で替えるか向こうに着いて替えるかの原則は、

「日本と相手の国を比べて、経済規模の小さい方で替える」
です。

日本より経済規模の大きい国の通貨は、米ドル(アメリカ)とユーロ(ユーロの国の合計)しかありませんから、この二つは日本で両替、他の通貨は向こうで両替、が原則になります。

中国の経済規模は既に日本を上回っていますが、中国元は中国政府がコントロールしていて、まだ国際的な取引に使える通貨としての認知度は日本円に及びません。

なので、これも中国に行ってから替えた方が有利です。

ただ、何事も例外というのがあって、

日本より経済の小さいヨーロッパの国の通貨、英ポンド、スイスフラン、北欧諸国のクローネと言った通貨は、上記の原則からは向こうで替えた方が有利なはずですが、小生の経験では日本の空港で替えた方がほんの少し有利でした。

おそらく、これらの国では日本円はマイナーな上、銀行員の人件費も高いので、手数料を高く取らないとならないのでしょう。

また、アメリカでも行き先ハワイの場合は、ワイキキの免税店は、お客に気持ち良く買い物してもらうためにお得なレートを出しているので、日本で替えるより有利なようです。