共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数1

投稿日時:2007/11/20 10:59


チェコ国鉄CD この前チェコに旅行に行ってました。とても素晴らしい国でしたが電車でいい思い出がありません。窓は汚かったしインフォメーションセンターは不親切だし次に停まる駅のアナウンスもない。一番困ったのは線路を工事していたらしくいきなり電車が停まってバスに乗り換えろだの(もちろん車掌はなにも言いに来たりはしなかった)外国人に対しいい加減でした。外国ということもあるのでしょうがあそこまでとは。。。
他のヨーロッパの鉄道もそんな感じですか?
回答投稿日時:2007/11/20 17:05
一つ一つ答えましょうか。

窓が汚かった→新型車両でもない限りピカピカに輝くものなんて欧州ではお目にかかれません。人件費の問題もありますから。

インフォメーションセンタは不親切→鉄道関係の質問(発着時刻など)なら切符を販売している窓口で尋ねるのが普通です。

次に停まる駅のアナウンスがない→ないのが普通です。発車の際もホームのベルは鳴りません。むしろ日本のほうが過剰です。

バスに乗り換え→良く保線工事の関係で途中からバスへの代替運行があります。私もかつてオーストリア国鉄でウィーンからリンツへ向かう途中そうなりました。当然地元の人が利用するわけでその人たちは知ってるわけです。

欧州では日本と違った意味で鉄道が「公共的なもの」とみなされていて「お客様は神様です」と言う考えは存在しません。つまり鉄道に限らず「黙っていても誰かが何とかしてくれる」甘い社会ではないのです。個人旅行されるのでしたらそのあたりのことを踏まえた上で行動するべきでしたね。