大切なお知らせ

TripQは2020年2月末にサービスを終了します。
詳細はこちらをご覧ください。
https://note.com/yahoo_travel/n/n582117f43b1a

共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数2

投稿日時:2007/9/8 9:11


ブータンについて この国に興味があるのですが、
文化を守るために観光客を制限しているからツアーとか大きなグループでしか入れない、という話をききました。
他にも旅行者はだいたい宿泊に2万近くかかるとも。
ブータンツアーを旅行会社のHPで見てみると一週間で20~40万とかなり高いです。
やはり個人(バックパッカーのような)で行って長期で滞在したりするのは無理なのでしょうか?
回答投稿日時:2007/9/8 11:16
バックパッカーの入国は原則として不可能みたいです。

バックパッカーがブータンに行ったという話は聞いた事ありませんけどね。
回答投稿日時:2007/9/8 13:32
去年行きました。

ちなみにその時の様子を以下に記載します。

ブータンは今のところ事前に計画されたパック旅行しか認められていません。どこに行って何を見てもひとり一日200USドル(ピークシーズン料金)かかります。
これは3人以上前提の料金なので、一人旅はさらに40USドル、二人だと30USドルが一日に対してかかってきます。つまり単純に10日間二人で滞在すると4600USドルかかるのです!!(ちなみに私たちは11日間の日程でした)
これにはガイドとドライバー、専用車、宿泊代、3度の食事などが含まれています。言い換えれば上記金額を払えば他に必要なのは毎日の飲み物代やお土産代くらいとなります。
(おひとりで旅行されるとかえって高くつきます。)

この200USドル(+アルファ)がどこに行くのかを少々述べると、海外の代理店10パーセント、政府への税金+ロイヤリティー40パーセント、その残りの部分で現地の旅行会社はすべてアレンジしなくてはならないので、たいした儲けにならずピークシーズン中の値上げも検討されているそうです。
(上記は去年の情報なので、すでに今年は値上がりしているかもしれませんが・・・。)
一方政府はその上納金?の一部を自然保護にあてているので、私たち旅行者はブータンの自然に寄付をしながら旅行しているような感じです。

そしてこの200USドルうんぬん以外に忘れてならないのは、往復の航空運賃です。
ブータン入国は自国の航空会社(ドゥルックエアー)でしか出来ません。このドゥルックエアーは今のところバンコク、デリー、カトマンドゥ、カルカッタに飛んでいるのでこれらのどこかで乗り継ぎとなります。
つまりドゥルックエアーの運賃と中継地までの他の航空会社の運賃をさらに別途払わないといけないのです。

空港がパロと言う都市(村?)に1つしかないので、出入国はしっかりコントロールされています。(車でインドからの入国も可能ですが、こちらは日程的に時間を食うので日本人には向かないようです。)

ただ個人旅行の方法が無いわけではないようです。
かなり非現実的ですが、現地の人と友人になりブータンに招待してもらうのです。しかしこれはかなり無理っぽい話ですよね。

もう1つは学生の交換留学生として、二週間から一ヶ月ほどの滞在が許されるプログラムがあるようです。(日数は定かではありません)
実際ティンプー(ブータンの首都)で、このような学生さんを数人見かけました。ただし私が見たのは英語圏の方たちです。

以上を総合すると、残念ながら?ブータンの得意な旅行会社で組まれたパックツアーにのっかるのが一番合理的です。

最後に参考までに、近年特に欧米の人たちに隠れ家的に人気の出てきたブータンでは、逆に一泊10万円以上もするような豪華ホテルの建設が進められていて(すでに何軒かは営業開始しています)目の玉が飛び出るような豪華ツアーもありますよ。

在りし日の日本をちょっとほうふつさせる、ノスタルジックで、人々が優しいすばらしいところですよ。
じっくり検討なさってください。

<補足>
「バックパッカー」と言うのが、宿泊施設ではなく寝袋など持参で泊まり歩くと言うニュアンスでしたら、ブータンの東側山間部などは車の通れる道もありませんので、そのようなスタイルの旅行になります。ただしそれでもガイドは必ずつきますし、ひとり一日200USドル以上は払うことになります。
つまり個人でのアレンジ旅行もできますが、支払いとガイドつきです。