共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数4

投稿日時:2013/4/3 0:38


ヨーロッパで買い物等、クレジットカードを使う際、パスポートなどでクレジットカードの名前とパスポートの名前をチェックされますか?
回答投稿日時:2013/4/3 1:20
仕事の関係を含めて、海外でクレジットカードを今まで何度も使っているが、パスポートでサインをチェックされたことが一度もない。また、σ(^_^)の場合、クレジットカードに書いてあるサインと パスポートのサイン 違うので役に立たない・・・
最近は、大手で通信環境が整っているところで、高額でなければ 、PIN入力 サインレスも多い
回答投稿日時:2013/4/3 1:27
必ずって程ではありませんが、換金性の高い物だと数千円程度でも提示を求められる事はありました、また所謂付加価値税(日本の消費税)の還付手続きを受ける為の書類作成時には提示が必要になります、免税店で日本人の女の子が母親のクレジットカードを堂々と持ってきて書類作成が頓挫してたのを見た事があります。
※パスポートではなくて国際免許証やパリでは地下鉄の定期券(写真付き)でOKだった事もあります。
回答投稿日時:2013/4/3 1:50
国、利用店舗の種別などによって異なります。

盗難の多いスペインでは、ほぼ100%、IDの提示を求められます。

+追記+
サインの照合と、PIN番号入力は、二者択一的な同次元の手続きと言い得ますが、これらは、パスポートの照合とは全く別次元の手続きになります。
回答投稿日時:2013/4/3 3:21
今はほとんど、PIN番号入力が主流です。逆に、IC部が壊れてPIN認証ができなかったり、番号を忘れたりしていると、疑われます。
実際、PIN認証ではなく、サインをしようとしても断られたことは何度かあります。
裏書とサインをチェックしていますが、形だけです。
第一、漢字を日常使わない欧州の人が、筆跡を見て、同一の人間かどうか判断できると思いますか?
我々日本人だって、アルファベットはともかく、アラビア語やタイ語、ハングルで書かれたサインを判別するのは至難の業でしょう。
それよりもPIN認証が優先されるのは、わかるような気がします。