共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数1

投稿日時:2012/8/6 12:05


セブパシにて関空からフィリピンのマニラへ家族4名で行くのですが、分からない事が有るので質問します。
受託手荷物は、15kg+15kg+15kg+0kgで予約しました。これは、4名で合計45kgですが、30kg+10kg+5kgでも 大丈夫なのですか?
機内持込み手荷物は、4名でまとめて28kgにはできず、1名7kg以下にしないといけないのですよね?
分かる方、よろしくお願いいたします。
回答投稿日時:2012/8/6 21:06
こんにちは

セブパシフィックの受託荷物の基準は

Sサイズ―15kg 以下
標準サイズ―20kg 以下
Mサイズ―25kg 以下
Lサイズ―30kg 以下

となっています。

ですから、15kg+15kg+15kg+0kgの予約であれば

30kg+10kg+5kgの内の

10Kgと5Kgに関しては問題は無いですが

30kgは条件がSサイズからLサイズに変わりますので

事前に変更が必要と思われます。

Sサイズの料金は800円、Lサイズの料金は2,500円ですよね?

料金も違いますので、OKになるのであれば

誰もLサイズ予約はしません。

SサイズX2=30kg=1600円

LサイズX1=30kg=2500円・・・となりますから・・・

機内持込み手荷物は、4名でまとめて28kgにはできず、1名7kg以下にしないといけないのですよね?

機内に持ち込める手荷物のサイズは、

エアバス機利用便では 56cm x 36cm x 23 cmまで、

ATR機利用フライトでは 56cm x 35cm x 20cmまでです。

また重量制限は、エアバス機利用便では 7kg以下、

ATR機利用フライトでは 5kg 以下です。

(セブパシフィックWEBサイトより)

と有りますように、1個の荷物の重さは7kgを越える事はできません。

===補足から====

フィリピン航空等は

航空運賃の中に受託荷物分が含まれています。(案内では無料となっていますが・・・)

ですから、御家族などで一緒にチェックインする場合

超過分を他の方に振る事が出来ますが

フィリピン航空でも、1個の荷物は23kgまでとなっています。(2個まで無料)

セブパシフィックの場合、受託荷物分が航空料金に含まれていませんので

受託荷物の予約制を採っています。

ですから、プール制が適用されないのではないでしょうか。