共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数2

投稿日時:2011/10/8 9:37


ヨーロッパ旅行の保険について こんばんは。
12月の下旬に友人と二人でフランス・イタリアに8日間行ってきます。
添乗員付きのツアーで行きます。
そこで質問なのですが、海外保険はどのようなものに入ればいいのでしょうか?
旅行会社お勧めの保険は6000円前後ですが、ネットでお勧めになっている三井住友海上のネットでの保険は3000円前後で倍違います。
補償額なども違うことは分かっているのですが、どちらがいいのでしょうか?
出来るだけ値段は安く抑えたいと思っていますが、いざという時自分の身を守ることにも繋がるためどうしようか悩んでいます。
みなさまの知恵をお貸しください。
よろしくお願いします。
回答投稿日時:2011/10/12 2:24
【得意の国】
保険会社によって、得意の国が異なります。
たとえば、スイス旅行ではエース損保が、イタリア旅行ではゼネラリ保険が、韓国旅行では現代海上が、インド旅行ではニューインデア保険が、英語圏(アメリカやイギリスなど)ではAIUが、キャシュレスサービスやアシスタンスサービスに強いです。
フランスとイタリアに訪れるなら、ゼネラリ保険がベターかもしれません↓
http://www.generali.co.jp/insurance/k_r_shougai.html

。・+゚゚+・。..。・+゚゚+・。..。・+゚゚+・。

【カード付帯保険が社会問題化】
他回答に『カード付帯の海外旅行保険をお持ちなら新たに入る必要はありません』『「カードの保険は不十分」と言われますが保険会社の宣伝文句ですからうのみにする必要はありません』と説かれていますが、危険です。
事実、カード付帯保険で旅行中、日本大使館に泣き付く日本人旅行者が少なくなく、いま社会問題化しています。
これに業を煮やした外務省・観光庁・日本旅行業協会・全国旅行業協会などが、別途に保険に入る啓発にチカラを入れている事態へ悪化しています。
既質問の私のベストアンサーをご覧ください↓
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1270404077
回答投稿日時:2011/10/8 9:43
海外旅行傷害保険の附帯されているクレジットカードをお持ちなら、新たに保険に入る必要はありません。

まずは、お持ちのクレジットカードに保険が附帯されているかどうか、調べてみましょう。
年会費を支払っているカードならたいてい付いています(無料のカードでも付いているものも多い)。

例えば、私の持っているマイレージプラス・セゾンカード(年会費1575円)は、次のような補償が付いています。

傷害治療 最高300万円
携行品損害 ※ 最高30万円
死亡・後遺障害 最高3,000万円
疾病治療 ※ 最高300万円
賠償責任 ※ 最高2,000万円
救援者 最高300万円

別途保険に加入しなくても、これだけ補償が付いていれば十分です。
無料のカードでも200万円程度の補償が付いているものもあります。

また、複数カードを持っている場合には、全てのカードの補償金額が加算されます。
例えば、上と同じようなカードを3枚持っていた場合、治療費の最高額は900万円となります。
(死亡保険金は、最大補償額のみが適用となります)

「カードの保険は不十分」と良く言われますが、それは保険会社の宣伝文句ですから、うのみにする必要はありません。

カードを持っていない場合は、ネットから申し込む損保ジャパンのOFFという保険が安くてお勧めです。
http://www.i-hoken.jp/lp/sj.html?OVRAW=off&OVKEY=off&OVMTC=standard...
セットプランやファミリープランは割高なので、フリープラン(オーダーメイド)で申し込みます。

カードの保険には、疾病死亡金が付いていないので、補いたい場合にも、このフリープランの保険は役に立ちます。

あくまで「足りない分」だけ入れば良いのです。
カードに附帯している携行品や救援者の補償を重複して付ける必要はありません。

なお、カードを持っているだけで(自宅に置きっぱなしでも)保険が有効なカード(自動附帯)と、そのカードで旅行代金の一部を払うことで保険が有効になるもの(利用附帯)の2種類あるので注意が必要です。
何はともあれ、まずはお持ちのクレジットカードの補償内容を確認してみてください。


詳しくは、こちらを参考に↓
http://creditcard.e-ocean.biz/insurance/

もし、保険の付いたカードをお持ちでない場合、保険に入ろうとする前に、この際、カードをお持ちになったらいかがですか?
毎回旅行の度に数千円の保険料を払うことを考えれば、年会費などすぐに元が取れてしまいます。
http://www.saisoncard.co.jp/lineup/ca041.html