共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数5

投稿日時:2017/10/9 20:27


英語はほとんど喋れず、携帯で検索したりしてなんとかやりすごして、台湾とバリ島に行ってきました。

今度シンガポールにいくのですが、飛行機もホテルも自分でとったのですが、なんとかなりますか??

旅行会社を通さずに海外は初めてです。


そういえば、
優しい人が多い国なのかな?と不安になりました。

台湾とバリ島はわからないけどなんとかというかんじでした!!
回答投稿日時:2017/10/9 21:35
オラは、最初っからそういう旅行だったよ。

なんてこった!会社の海外出張さえ、自分でやらされた。
回答投稿日時:2017/10/10 7:50
シンガポールは英語ができないと厳しいですよ。

シンガポールは多民族国家ですので、いろいろな言葉が飛び交っています。

地下鉄などの案内も英語、マレー語、インド語、中国語の四か国語で書かれています。

その中で、英語が公用語といった感じです。

そのため、英語ができないと小ばかにされます。

日本語はほとんど通じません。

たまに、駐在の日本人など見ますが、海外では日本人は日本人を相手にしませんから、困っていても頼りにはなりませんよ。

台湾は戦争中、軍が日本語教育をしたのでお年寄りの中には日本語がわかる方がいます。

また、日本文化が人気があり日本語を勉強している若い方もいます。

バリ島は、観光の島ですので日本語ができるガイドやスタッフが多くいて、日本人スタッフがいるホテルなどもあります。

ですので、バリ島や台湾はそこそこ日本語も通じますし、日本人に対して理解もありますがシンガポールはまったくそんなことはありません。

さらに、シンガポールは都会ですので、冷たいですよ。

ブギスやリトルインディアなどヒンドゥーエリア、イスラムエリアに住んでいる方の方が親切ですね。

空港について、コンビニに入れば、日本人に対してどんな感じで接してくれるのか、すぐにわかりますよ。

書店に行けば、旅行に使える英会話本あありますから、事前にそれで勉強して、よく使うフレーズなどは練習しておいた方がいいですね。
回答投稿日時:2017/10/10 8:35
シンガポールに2週間の予定で行ったことがあります。タクシーに乗ったらあそこはやってないと勝手に行き先を変えようとされました。まあ海外では普通にあることでしょう。別に怖い感じはありませんね。但しクソ暑くて狭くて3日で飽きました。新婚旅行で行ったバリを思い出し現地の旅行社で手配しバリに脱出しました。バリは過ごし易くエキゾチックで食事も美味しく子供たちも大喜びでした。それ以来バリ通いが始まり一昨年が11回目でした。シンガポールはあれ切りです。
回答投稿日時:2017/10/10 8:49
>英語はほとんど喋れず
とは、少しは喋れるのですか?
例えば、英語の能力が100点満点の5点くらいだとしても、15点くらいまで向上できれば、何とかなるでしょう。
現状のままで何も努力しないのであれば、難しいでしょう。
回答投稿日時:2017/10/10 9:04
大丈夫ですよ、観光旅行をするぶんには英語を喋るのが苦手でも日本の中学校で習った程度の読み書きさえ出来ればなんとかなります。

まず、シンガポール国民にはどんな人がいるのか。中華系74%マレー系13%インド系9%他にユーラシアンや白人になります。それぞれの家庭内や民族同士は中国語(各種方言)、マレー語、タミール語等を喋りますが、他の民族と会話をする場合は共通の言語として英語を喋ります。(有名なシングリッシュと呼ばれる訛った英語です)

ですからMRT車内アナウンスは4種の言語ですしテレビ放送も4か国語の四つのチャネルがあります。

こういう国ですから、例えばチャイナタウンや中国人が多く集まる店では中国語しか通じない場合があります(老人は英語が苦手、大陸から出稼ぎで来ている低賃金中国人が働いている)。

シンガポールの人は優しいか? これは人によるでしょうが、お客さんとして貴方を扱うような場所では優しい態度をとると思いますよ。ご忠告しておきたいのは目付きです。特にインド系やマレー系の人達は眉を寄せてガン見する人が多いです(苦笑) でもこれは生活習慣のもので、なにも睨み付けて怒ってる訳ではありません。あと態度が日本人みたいに丁寧ではありませんから、不愉快に感じる場面があっても習慣の違い、と割り切る事です。(10数年前だとホテルのチェックインでパスポートを渡した後に投げ返してくるような事が普通によくありました...)

1980年代までは観光客は日本人が大半というシンガポールでしたし、日系企業が沢山ありましたから日本語を学ぶ人が大勢いて話せる人は沢山いました。現在は日本人観光客は激減し日系工場も殆どが中国へ移転して、日本語は全く通じないと思って下さい。たまに片言の日本語を話しかける人もいますがアリガトとかコニチワ程度で会話は出来ません。

最後に、ご存知かも知れませんが、シンガポールは第二次世界大戦で日本軍が占領した国で、その三年半の期間に虐殺で民間人の父や兄を失った家族が大勢います。更に金品強奪や食糧難で悲惨な生活を余儀なくしていたので当時の日本軍に対する感情は悪いです。でも現代のシンガポールでは日本人に対する特別な悪感情はないと思っています。今なら国立博物館で日本軍占領期間に関する展示が開催中ですので立ち寄られては如何でしょうか。

ご参考に。