共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数7

投稿日時:2017/8/29 10:55


ヨーロッパ旅行のアドバイスを下さい。
おすすめ日程など。

初めてのヨーロッパ周遊を年末年始の期間行う予定です。期間は12/24〜1/2です。
飛行機はプラハ国際空港着、24,25はプラハにてクリスマスマーケットを含む観光地巡りをする予定です。
その後ウィーンへ鉄道移動し、26〜数日滞在したいと思っています。帰りの便もプラハ国際空港発のため、最終的にはプラハへ戻らなくてはなりませんが、周辺国を移動を安価にしつつ楽しみたいと思います。
何処で年を越すかも具体的にきまっていませんが、年越しをする場所やプラハからここを周るルートだといい観光ができるなどの情報があればアドバイス頂きたいです。
マストは、プラハ、ウィーンです。

現在、チェコ航空の格安航空券を利用しプラハ発コペンハーゲン着も日程に組みこもうか検討しています。年越しはここがおすすめ、年末年始は店も空いてない等教えて下さい。よろしくお願いします。
回答投稿日時:2017/8/29 12:46
あまり無理せずに、比較的近い範囲で考えたらどうですか。
プラハからドレスデン(ドイツ)、ウィーンからザルツブルグくらいなら、日帰りでも何とかなるでしょう。
ヨーロッパ一般的には、12月25日と1月1日は休みの所が多いです。他の日は、通常通りです。
回答投稿日時:2017/8/29 16:36
今更出発日は変えられないと思いますが、プラハのクリスマスマーケットは24日に開催されていますか?ドイツの場合ですと23日もしくは24日のお昼頃終わるところが多いです。25日はレストランも含め完全休業ですのでホテルで過ごすしかありません。クリスマスマーケットの日程を確認されたら如何でしょうか。
この日程は24日PM,25日、31日、1月1日はほとんどのお店は休みと考えて計画する必要があります。
とても寒い季節ですのでプラハとウィーンのクリスマス、年越しをゆっくり楽しまれたら如何でしょうか? 無理をされて2日にプラハに帰られないと大変です。
回答投稿日時:2017/8/29 17:02
12/24に日本を出発したとして、プラハ着は同日の夜になるのでは?
24日に行動する時間ありますか?

多くのキリスト教国は25日は完全休業です。
24日の夜もやってないかも。
クリスマスマーケットが目的なら、少なくとも開催日時は確認した方がいいです。
それとは別に、観光や食事の心配もした方がいいかもしれない。

プラハからウィーンまで行って、また戻って来るんですか。
電車を利用すれば可能ですけど、無駄な気がします。
もう航空券は押さえてしまったんですか?

ヨーロッパの冬は暗くて寒いです。
朝は8時過ぎまで暗いし、寒くて雪も積もってて、あまり精力的に活動できない。
そこを計算に入れて行動した方がいいです。
回答投稿日時:2017/8/29 19:22
えーっと、まず忘れちゃいけない祝日について。
12/25と1/1は祝日で、ヨーロッパのキリスト教国では通常なら日曜でも開いてる観光スポットでさえこのだけ日は閉まることが多いデス。そんで、12/26も祝日扱いとなる国があります。ドイツ、チェコ、オーストリアはそう。一方、フランス、スペインは平日扱い。なもんで、行きたい観光スポットの閉館日は必ずチェックしましょう。底冷えがする寒い中、てくてく歩いて行ってみたら閉まってた・・・って結構悲しいわな。


それと、クリスマスイブである24日は、祝日ではないものの早々に店じまいになります。夕食時のレストランは閉まるか特別メニューでの対応が多いので要注意(ニューイヤーイブの12/31も同じ。ただ、プラハみたいに大都市かつ一大イベント期間中の都市なら、観光客が多いのでフツーに開いてる店もあるかもしれん。クリスマスマーケットは開催期間が国や都市によって違いますが、今期のプラハは年明け1/6までノンストップでやってる模様)


ただ、私もプラハとウィーンからあまり大きく動かない方がいいと思いますね。飛行機で遠出している時に寒波が来て、交通が混乱・予定通り戻れなくなってしまったら面倒ですよ。遠出を後に持ってくる日程なら猶更。「コペンハーゲン往復のチケットが激安だし、もし寒波が来そうになってチケットを捨てることになってもこの値段なら惜しくない!折角だし行ってみたい!」っつーなら止めませんが。



>年越し

そこそこの規模の街なら、市庁舎あたりでカウントダウン花火をやると思う(必ずやる訳ではない)。大きな街では盛り上がるので、ネットでブログなんかを漁って検討してみたらどうでしょ?ただし、人が集まるのでテロの危険性は念頭に置いといてください。


なお、ドイツという国は普段騒音に対して滅茶苦茶うるさいんですが、カウントダウンの時に限り花火や爆竹が解禁されるもんで、一般市民がデカいロケット花火を小脇に抱えてあちらこちらで勝手にカウントダウン花火大会をやります。これ、なかなか壮観です。気が向いたらドーゾ。
回答投稿日時:2017/8/29 21:01
ID非公開!

私達はヨーロッパの全ての独立国45箇国を旅行しました。24回旅行した内、初めてのヨーロッパ旅行が、年末年始の11日間のパリ、ジュネーブ、ローマ、フローレンスのツアーでした。この旅行が最悪で、それ以降23回の旅行は決して冬に行かず、全て個人旅行でした。

まず、折角お金を出すなら、冬のヨーロッパ旅行は止めた方が良いですね。
例えば、冬の北海道や東北旅行ですが、温泉が無い(ヨーロッパで温泉のある所が少ない)とすれば誰も行かないでしょうね。

旅行するなら、自身の最も行きたい所が最も良い時期なら、一度の旅行で行きたい所を一気に全て旅行することです。
(私達は7度の世界一周、3度の環太平洋、北極~南極、南米一周、中米一周、カリブ海一周、ヨーロッパ一周、アフリカも、南部、中央部、東部、西部、北部と15回旅行しました。)
回答投稿日時:2017/8/29 23:38
24日の午後と25日は要注意です。

いろいろとストップしています。
回答投稿日時:2017/9/4 20:10
プラハもウィーンも、普段以上に休暇旅行客が多い時期、まずは宿泊先の確保が第一、「何処で年を越すかも具体的にきまっていません」ということは宿泊先が確定していないということでしょうか。この時点で未定ということであれば大至急手当することを御勧めいたします。料金も通常期より割高に設定されますし、御希望の予算に合うホテルが簡単に確保できない場合もあり得ます(既に遅いくらいです)。

次に、食事(昼食・夕食)する場所の確保です。24日、31日、1日、は何処で過されるとしても、事前に営業時間を詳しくリサーチしておくことをお勧めいたします。是が非でも、というレストランがあるとすれば事前予約を御勧めいたします。

加えて、プラハ⇄ウィーンの鉄道移動の際ですが、混雑のピークには当たらないと思いますが、「座席確保」のストレスを避けるため、一等席、二等席、を問わず座席指定で事前予約しておくことを御勧めいたします。