共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数6

投稿日時:2017/8/20 14:24


海外の商売について質問です。

たとえばタイやフィリピンなどで現地人の友達と
共同でレストランを経営した場合、
もし倒産したら日本のように自己破産って出来るのでしょうか?
もし知っている方がいましたら教えてください。

いま小説を書いていて、そのために情報が欲しいです。
回答投稿日時:2017/8/20 14:34
タイやフィリピンの法律で自己破産が可能なら
可能でしょう(たぶん可能だと思います)

また自己破産は 借金が返せないとき起ります。

日本人が現地の友人と共同で
レストランを開店して
日本人が現地金融機関から借金して
払えなければ 自己破産することになりますが

自己破産するより 現地金融機関から
日本人が資金調達するのは 無理がありませんかね?

また借金が出来たとして 返せない場合
弁護士費用の掛かる自己破産手続きを取るより
その弁護士費用で航空券を買い 日本に帰国するほうが
ありがちな話だと思いますよ。
回答投稿日時:2017/8/20 16:43
俺そんな付け焼き刃の小説読みたくないよ。
回答投稿日時:2017/8/20 21:55
フィリピンについてはわかりません。

タイの場合、自己破産という制度はありません。

もしタイで外国人がタイ人と共同経営でレストランを経営する場合、まずタイ人と共同出資で株式会社を作り、その事業の1つとしてレストランを経営する形にしないとできません。

タイで経営が行き詰った場合、1.債権者が破産申し立てをするか、2.再生手続きをするかのいずれかになります。

破産に進んだ場合、裁判所から資産の凍結命令が出て、その後裁判で賠償問題が泥沼になっていくパターンが多いです。
回答投稿日時:2017/8/21 0:42
まず、フィリピンでは外資に関する法律により厳しく制限されています。
フィリピン・ネガティヴリストで検索してみてください。

基本的にレストランの様な小規模な小売業は、外国人は出資したとしても1%も経営権が持てません。その開業資金を名目に外国人が資金を銀行等から借りることもできません。
オーナーはフィリピン人だけです。日本料理職人以外、もちろんそこで働くこともできません。
せいぜい、個人的にオーナーとなるフィリピン人にお金を貸してその返済を受け取るくらいでしかうまく経営できても表向きは資金回収も売り上げの分配もできません。

そのため、ほとんどの小売業は結婚したフィリピン人妻の名義で実際には外国人である旦那が裏で経営するのが実態です。
他人と組んでも、うまく経営できたら尚更、資金の回収金額や支払い方法、利益の分配で必ずいつか揉めます。大抵は乗っ取られて泣く泣く日本に帰ることになるのが関の山です。
回答投稿日時:2017/8/21 8:31
貧しいアジア諸国の場合。

小さな食堂の場合、営業許可を取ればできます。
外国人は除外されたり、税金が高いのでやりませんが、私の場合、娘の名義を使用。娘は日本人ですが、国籍が2つあります。こんな時に二重国籍は大変役に立つ。
食堂では現地料理を出しますが、日本料理のワザを使うとかなり美味しくなります。
大きな法人の場合、従業員の半数は現地人等の制限があります。土地は購入できない場合が大半です。

外国人が表に出ると殺されたりするので、表面には出ません。物品や金銭管理をしっかりやります。
昔は物品がなくなったが、現地人の生活に慣れると上手くやれる様になります。
地域の行事、従業員の家族ケア、教会への寄付、オカマちゃんの雇用等、色々な波及効果を考えて行動することで、リスクマネジメントをしています。
海外でも商売をしていると韓国人に嫌がらせをされます。嫁の家族は警察官と判事とギャング。
ギャングが実行→警察官が隠滅→判事が法律上の処理。

と完璧な処理をして商売敵を
処理します。

非合法も幹部公務員がやれば合法になるのが発展途上国です。

孤児、自殺未遂のオカマ、無年金の老人を雇用していると自己の無力さを感じます。日本の平和ボケも感じますね。

かなりの額を稼いでますが、かなり額をバラ撒いています。地域や身内に富の再分配をすることで私の周りに壁をつくってます。ゴットファーザー方式です。

最近は名付け親、結婚式の証人の依頼がたくさん来ます。時間がかかりますが、努力次第で定着できます。


自己破産は逃げるのが大半です。
発展途上国の経営者にモラルは低い。

共同経営は家族以外はオススメできない。お金を持った時、その人の本性が現れます。

大体は失敗しています。それは素人がやるから、現地人をバカにしている、自分の覚悟を決めていないから。
回答投稿日時:2017/8/24 17:16
外国人は株を持てないみたいです。

私も野望はあります。小ビジネスやマイホーム、護身用で銃の購入等。

全部奥さんの名義になりますが。