共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数2

投稿日時:2017/6/7 0:32


香水の免税範囲について質問です

ベトナムへ旅行へ行くのですが、出国時に免税店で香水を買おうと思っています。

パルファムは2オンス以内、その他トワレなどを何本か買おうと思っているのですが、20万以内であれば何本でも買えるのでしょうか。
また、各一個づつでも沢山持っていればベトナム入国時や帰国時に課税や引き止められたりしてしまいますか?
回答投稿日時:2017/6/7 1:32
香水は20万の範囲じゃなく、別項目です。
2オンスを越えたら「課税」

なお

>20万以内であれば何本でも買えるのでしょうか

っていうのは。

別に、買う量に制限はないですよ?
(エアの預入重量制限はありますが)
20万から出たら「課税され」て、お得に買物ができないだけです。

免税というのは、そういうことです。

税関のHPより
http://www.customs.go.jp/kaigairyoko/menzei.htm
回答投稿日時:2017/6/7 8:24
それは関税の話であって、パルファムにせよトワレにせよ日本に持ち込める量の制限はあります。

香水は薬事法の上では化粧品に該当します。

化粧品の日本への持ち込みに関しては、日本の薬事法の規定により厚生労働大臣による輸入販売業の許可がないと輸入してはならないと定められています。

ただし、海外から「自分で使用する目的で輸入する場合」に限り、輸入販売業の許可がなくても、規程の範囲内に限り輸入が出来ます。

それが化粧品の場合は標準サイズで「一品目24個以内まで」になります。これが個人で持ち込み出来る最大量になるわけです。

この一品目とは、たとえば口紅はブランドや色が違っていても関係なく全部合わせて一品目となります、つまり化粧品の種類別に一種類ごとに最大量が、口紅24個、化粧水24本というようになります。香水も同様でブランドに関係なく最大24個までになります、無制限ではありません。

もしこれ以上の量になると、帰国時の税関で「個人で使用する量でなく販売目的」と判断され、日本への持ち込みが出来なくなり廃棄処分されます、「税金を支払えば」というのも出来ません。

ちなみに個人使用目的として輸入した香水は、原則として他人に売ったり譲ったりすることは認められていません。

これらの点に注意して、香水を持ち帰られると良いでしょう。

http://www.mhlw.go.jp/topics/0104/tp0401-1.html