共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数7

投稿日時:2017/5/14 16:33


航空券を探していたら トランジットで魅力的なお値段が出てきました

トランジットは未体験です


良くブログ等で トランジットで観光とか書いているのですがどのような条件でしたら 外に出れるのでしょうか?

台北~マカオ マカオ~関空 (エア・マカオ

マカオで18時間あります

マカオ大好きなので 利用して 是非外に遊びに出たいのですが

何か条件はありますか?

便は変わっていたので 乗り換えるとは思います

預け荷物などは そのままで良いのかどうか・・


ホテルとかを自分でとって とまる事も出来るのでしょうか?
回答投稿日時:2017/5/14 16:44
便は変わっていたので 乗り換えるとは思います
→エア・マカオマカオが住みかですから、100パーセント別の航空機です

預け荷物などは そのままで良いのかどうか
→航空券が、台北~マカオ マカオ~関空 ですから、そのままです
ただし、それに現金を入れいて盗まれたバカ知恵袋会員がいましたが、そのとき貴重品を盗まれる可能性が高いですから注意してください

ホテルとかを自分でとって とまる事も出来るのでしょうか?
→それは自由です、アエロフロートなどホテルがセットになっている航空会社もあります。
回答投稿日時:2017/5/14 16:47
18時間もあれば、空港の外に出る(この場合はマカオに入国(?)する)のが普通だと思います。

ホテル云々ということであれば日をまたいでということで良いでしょうか?
そうであれば、おそらく荷物は一度引き取り再チェックインです。

なので、チケットだけ通しで、入(出)国や再チェックインも含めてマカオに普通に立ち寄るという感覚で良いかと。
回答投稿日時:2017/5/14 17:11
便が同じ航空会社ならチェックイン時に荷物を乗り継ぎ地で引き取るか、そのまま目的地までスルーするか選べます。

航空会社が別なら引き取らざるを得ないですが、大体の空港には荷物を預かってくれる場所があります。無い空港もあります。

マカオは経験無いので。
回答投稿日時:2017/5/14 17:26
>良くブログ等で トランジットで観光とか書いているのですが
>どのような条件でしたら 外に出れるのでしょうか?

時間があれば。

あとアメリカとかオーストラリアとかカナダみたいに
単なる短期観光旅行でも、簡易ビザとかビザ免除システムが
必要でなければ。

マカオで18時間あります
マカオ大好きなので 利用して 是非外に遊びに出たいのですが

そのぐらいあれば、空港に2時間前に戻ってくること
+市街地への往復時間を考えても、充分では。

>預け荷物などは そのままで良いのかどうか・・

それはその航空券の条件によりますので何とも。
裏で積み替えてくれて、目的地までスルーで勝手に行って
くれるのもあるし。
受け取って、預け直しってのもあります。
その場合でも、外に出るならまた預け直せば済む話。

>ホテルとかを自分でとって とまる事も出来るのでしょうか?

手配は自分ですが、可能です。

普通にどこか観光に行くのと同じですよ。
入国して、滞在して、出国して、というだけです。
それが「短期間・短時間」および「その先は日本に帰らず違う国へ行く」
という違いがあるだけです。
回答投稿日時:2017/5/14 17:44
マカオで18時間
とは、何時に到着して何時に出発ですか。例えば、18時に到着して翌日12時出発、そんな時間です。空港のロビーで夜明かしする方が非現実的で、1泊しなければならないスケジュールです。ホテルのカジノで遊ぶことは、十分可能です。
ただし宿泊費と食費を追加すると、とても安いとは言えなくなるでしょう。
回答投稿日時:2017/5/15 2:16
あなたが求める回答ではないかもしれませんが、
価格を重視するのであれば最早LCCがあるので
安い時期にLCCで旅行した方が良いのでは
そうすればトランジットとか意識しなくても行けますよ

それから香港と澳門は24時間ジェットフォイルで1時間ほどで行き来可能なので
台北、香港、澳門、下手したら中国だって周遊可能ですよ
回答投稿日時:2017/5/17 10:24
そのチケットが、マカオでのストップオーバーが可能かを確認し、可能であればマカオで遊べます。たいていできるもんです。
荷物はチェックイン時に関空までスルーと頼めば済みます。24時間以内の滞在なので断られることはないでしょう。

2回乗るから高いという理論はありません。一番高いのはノンストップです。
マカオ航空の立場にたって考えれば、台湾から日本に行く客がマカオの会社使ってくれるなんてラッキーじゃないですか。それを取り込むために安い価格を出す戦略です。日本からヨーロッパに行くのに、中東の会社がなぜ安いのかと同じ原理です。