共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数22

投稿日時:2017/5/6 22:48


私が今までに乗った飛行機は1度も時間通りに飛んだことがなく、毎回遅れていましたが、飛行機が時間通りに飛ぶことってあるのですか?
回答投稿日時:2017/5/6 23:04
その昔、フランクフルトからの便が30分以上
早発するのに出くわした事がある。
回答投稿日時:2017/5/6 23:23
出発時間は離陸する時間じゃないですよ。
回答投稿日時:2017/5/6 23:24
時間通りに飛ぶのにしか乗った事ないですが…
どーせLCCとかしか利用していないんでしょ。

それに大事なのは定時出発ではなく定時到着です。
回答投稿日時:2017/5/6 23:27
はい、良く有ります。予定よりはやく目的地につくことも有ります。
回答投稿日時:2017/5/7 0:17
私は何度かほぼ定刻通りのフライトに乗り合わせたことがあります。
なお、時刻表上の出発時刻は飛び立つ時刻ではなく、飛行機のドアが閉められる時刻に近いです。
回答投稿日時:2017/5/7 1:14
時間通りをどの程度の範囲でおっしゃっているのかわかりませんが、10分程度の誤差は許容なら、時間通り+時間より早い到着のケースの方が多いのではないでしょうか。
回答投稿日時:2017/5/7 1:24
何百回と乗っていますが、ほぼ定刻通りの方が多かったです。遅れて飛んだことは数パーセントぐらいかなあと思います。いちいち数えてはいませんが・・。
気になるなら定時運航率をこちらで調べてみましょう。ランキングもわかりますよ。
http://www.flightstats.com/go/Home/home.do
回答投稿日時:2017/5/7 2:37
自分の場合は半分以上は定刻または早発です。
回答投稿日時:2017/5/7 5:53
中国とかアフリカにお住まいですか?
回答投稿日時:2017/5/7 7:31
ほとんど定刻通りですけど
回答投稿日時:2017/5/7 8:50
その飛行機は空席はありましたか?
空席があれば、当日に乗り込む乗客を待つため、遅れるのです。
また機材の変更、天気の荒れなどがあればさらに遅れます。
ですが、今は、定刻通りに飛ぶ飛行機が普通ですね。
回答投稿日時:2017/5/7 8:51
飛行機に電車のような1分刻みの運行は無理ですが、かなり正確に運行されていますよ。
回答投稿日時:2017/5/7 10:01
利用する航空会社や空港によってその傾向は
分かります。

会社を変えたら時間通りという事もありますよ。

まあ10回乗ったら8回は時間通りでしょう。
回答投稿日時:2017/5/7 12:45
私は予定時刻より早く着いたことも何度も有ります。
回答投稿日時:2017/5/7 13:00
飛行機の出発時刻は、ドアが閉まって動き出した時間です。

なので、滑走路が混雑して離陸まで待たされることがあっても
「定刻に出発」となります。
回答投稿日時:2017/5/7 13:11
電車の時間のように1分刻みで運航する事を
定刻と言うのでしたら時間通りに出発する事は
少ないでしょう。
旅客が定刻に乗ってこない、ドアーが閉まっても
管制機関からの出発許可が出ない(横の他機が先に動き出した)
などと色々な理由が有りますので。
回答投稿日時:2017/5/7 20:57
飛行機は15分までの遅れは定刻とみなします。
15分までの遅れもそれ以上遅れての出発もありますが、早く乗客全員の搭乗を終え出発予定時刻よりも早く飛んだことも何度もあります。
出発が遅れても目的地に定刻通り着くことも、むしろ予定時刻よりも早く着いたこともあります。
回答投稿日時:2017/5/7 21:57
山手線じゃあるまいし時間通りはほとんどないでしょ
でも時間より早いこともある
回答投稿日時:2017/5/7 23:26
恐らく出発時刻を勘違いしておられると思います。
旅客機における出発時刻とは、乗客が全員着席し、車輪の車止めを外して飛行機が動き始めたその瞬間を言います。実際にはそこから方向転換して滑走路まで向かい、場合によっては順番待ちがありますから羽田や成田などでは出発から30分しても離陸していないなんていうことも起こり得ます。
国内線だといつも、当機は定刻通りとか、定刻より何分遅れてとかアナウンスがありますよ。日系の航空会社なら定時運行率は国際線を含めても9割近くです。
勿論この定時運行率のカウントは天候など航空会社の努力の及ばない理由はカウントされないし、既に回答があるように15分以内は遅延とみなしません。
それでも毎回毎回遅延するとしたらいつも何か特定の便を利用されているのではないですか?
飛行機は休みなく乗客を乗せて次の目的地に飛行します。前のフライトが遅延したら次のフライトに影響します。大手航空会社では飛行機に余裕があるのでこの遅延をなくすためにどこかで余剰機を利用して遅延を解消できますが、機材の余裕がない会社では午後から夕方にかけて遅延しまくりということになりやすいです。
回答投稿日時:2017/5/8 7:47
飛行機は、駐機場に長居せず、極力早く駐機場を離れるようにしていて、全ての乗客が乗ってそれまでに出発準備が整っていると、定刻より早く出発する便が増えています。

また、目的地の到着時間も定刻より大幅に早く到着することがあります。

殆どが乗客次第又は、駐機場から滑走路までの混雑が原因かも?
回答投稿日時:2017/5/11 17:02
飛ぶ事がほとんどです。駐機場に長い間泊まっているとそれだけでお金がかかります。航空会社にとっては無駄な経費は使いたくないはずです。
回答投稿日時:2017/5/13 22:48
うわー、超ついてないね笑
多分それ飛行機の問題じゃなくて、質問者様の問題だと思うよ…気にすんな