共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数3

投稿日時:2017/4/14 9:48


パリにある公共の共用利用自転車。
Vélib。
旅行者でも使用できますか?
クレジットカードだけで使用できるようになりますか?8月にパリに、2週間、滞在します。
登録方法など、具体的にお教えいただけると幸いです。
よろしくお願いします。
回答投稿日時:2017/4/14 11:41
ここに利用方法が書いてあります。ICチップ付のクレジットカードが必要です。
http://jp.france.fr/ja/information/24124
回答投稿日時:2017/4/14 12:05
彼此10年近くになりますかね、このVélib。
とても便利ですが、まずはパリでの自転車ルールを再確認してください。

・フランスでは自転車は「車両扱い」となり、日本のように歩道を走ることは禁止。
・自転車は車道の右側を走る。(車両は右側通行)
・自転車専用道路が設置されている所では、そこを走る。
(バスレーンと自転車道路が共同になっている所もある。)
・一方通行道路では逆走できない。
(但し、自転車のみ逆走を認められているケースもある。)
・2台以上並んで走らない。前後1列で走る。
・夜は必ずライトを点灯する。
(ヴェリブは走行中、常にライトがつくようになっている。)


そして利用に際しては、登録手続が条件。
登録後は、どこからでも借りられ、どこへ返しても良く、30分以内の利用なら無料なので、上手に乗りこなせばかなりお得です。

1、Vélibの駐輪場近くにパーキングメーターのような機械「Borne(ボルヌ)」と呼ばれるもの(操作センターと繋がっている)を見つける。
2、初期画面は仏語なので、画面下にある言語ナンバー「3」を押す。
(残念ながら、日本語はない。)
3、仏・英・西・独・伊と出るので、該当番号を押し選択。
4、1 or 7 daysのショートタームを選ぶ。(もう一つは1年用なので。)
5、「Ticket Vélib」「Navigo Pass」と出るので、「Ticket Vélib」を選ぶ。
(Navigo Passは、SuicaやPasmoのようなものです。)
6、登録料の画面になります。1日か、7日を選ぶ。
7、利用可能なクレジットカードの種類と、150ユーロの保証金が必要なことが表示されるので「Next」を押す。
※(クレカについては、ICチップ付きの物にしか対応しません。)
8、利用規約の画面となるので、文章最後へスクロールして、チェック(緑のV)を押す。
9、クレジットカードを挿す。
10、保証金の150ユーロが表示になるが、すぐに引き落とされる訳ではなく、自転車が返却されない等、問題があったときに引き落とされるもの。
クレカの暗証番号を入力し、最後に緑のVボタンを押す。
11、カード情報が送信され、「RETIREZ CARTE」が表示されるまで待つ。
表示されたら、カードを引き抜く。
12、レンタル用のPin Number(暗証番号) 4桁を入力する。
レンタル時に毎回必要となるので、控えましょう。最後に緑のVボタンを押す。
13、確認のため、もう一度暗証番号を入力、最後に緑のVボタンを押す。
14、登録カードがプリントされる。このカードに登録ナンバーが表示されているので、なくさないように。
15、以上で登録手続き終了。すぐに借りない場合は赤のAボタンを押し、終了。
そのまま続ける場合は1を押す。
〈借りるとして、1を押したら。。。〉
16、登録したレンタル用暗証番号を入力し、緑のVボタンを押す。
17、レンタルする場合は1を押す。横の枠内に、レンタル有効残り時間数が表示される。
18、返却時、自転車がスタンドにきちんとロックされたら、ピピッという音がしてランプが赤から緑に切りかわることを必ず確認するよう、注意書きが表示されるので、確認したら緑のVを押す。
19、利用可能なスタンドの番号が表示されるので、その中から借りたい自転車のスタンド番号を押し、最後に緑のVボタンを押す。
20、1分以内に選択したスタンドのボタンを押してロックを解除し、自転車をはずす。
※もし自転車に不備があって交換したいときは、一度返却し、2分間待ってから改めてレンタルすれば良いのですが、予め自転車を選択しておくことをオススメ。

登録が有効な期間内に再レンタルする時は、最初の画面で1(登録カードを発行した場合)を選び、指示に従って登録番号、暗証番号などを入力、後は17以降と同じ手続きでOK。

尚、タッチ画面ではなく、全てテンキーでの操作となります。

〈注意点〉
ヴェリブ レンタルのコツは、自転車のコンディションをよく調べること。
不特定多数の利用者がいるので、全ての自転車が完璧な状態ということは残念ながらありません。
チェーンははずれていないか?
ブレーキはこわれていないか?
タイヤに空気がきちんと入っているか?
サドルの高さは調整できるか?
以上4点は必ず確かめましょう。
サドルが反対向きになっている自転車は、前の利用者が「壊れている」「調子が悪い」と判断したサインなので、選ばないように。

また返却時には、自転車がスタンドにきちんとはまったことを確認しましょう。
もし、きちんと返されていなければレンタル料がどんどん追加されるだけでなく、誰かが乗り継いで悪用される可能性もあるので、ご注意を。

返却したいパーキングに空きがなくて返せないこともあると思います。
(借りたいパーキングに自転車がないこともある。)
そんな時は操作センターについている案内地図を参考にして、近くにある他のパーキングを探しましょう。
またパーキングに空いたスタンドがなく、返却できない場合は、操作センターで最初の画面から1(登録カードを発行した場合)を選択して登録ナンバーなどを認証すれば、無料レンタル期間を15分延長できます。そのとき、近くにあるパーキングの場所と空きスタンドの数が調べられるので、もしどこもいっぱいで返却できない時は、返せるまで別のパーキングで同じ手続きを繰り返すことができ、そのつど15分延長されます。
回答投稿日時:2017/4/14 12:26
ナヴィゴを購入すれば、ナヴィゴで使えますよ。
ナヴィゴだと、1ー5ゾーン内の地下鉄バスRERが1週間22ユーロで乗り放題になりお得です。
シャルルドゴールーオペラ間をロワシーバスで1往復すれば元が取れます。
クレジットカードを使用するよりオススメです。