共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数5

投稿日時:2015/2/20 7:44


海外旅行保険について教えてください。

来月スウェーデンを旅行することになりました。 旅行に際し、AIUの海外旅行保険に加入しようと考えているのですが、AIUのサイトで「キャッシュレス・メディカル」の項目を見てみたら、スウェーデンにはキャッシュレス・メディカルの提携クリニックがありませんでした。

この場合、もしスウェーデン滞在中に病院に行きたいとなったら、キャッシュレスで診察は受けられず、現金またはクレジットカードで治療費を支払い、後日清算するしかないのでしょうか?
クレジットカードは何枚か持っていますが、ただでさえクレジットカードを使う頻度が上がる海外旅行中。治療費が何百万もとなったら、クレジットカードの限度額で支払えるのか心配です。

ちなみに、スウェーデンにキャッシュレス提携のクリニックがあるとHPで公開している保険会社は、私が見つけた範囲では、エース保険と損保ジャパンがありましたが、その2社は条件が合いませんでした。

また、所持しているクレジットカードにも海外旅行保険が自動付帯されています。病気になった時、どの海外旅行保険を使うのか、こちらで選んでいいものですか?
それとも、クレカ付帯から使うべき等、優先順位があるのでしょうか?

初歩的な質問ばかりで恐縮ですが、ご教示よろしくお願いします。
回答投稿日時:2015/2/20 8:03
的確なアドバイスになるか少々疑問ですが………なにせ私が海外旅行保険を適用したのは2回だけで、どちらも大した額ではないですから。

まず保険適用ですが、保険はリスク分散のためにあります。保険屋も同じ考えで複数の保険に入っている場合、全社で分担します。なので一社を窓口にして「この保険にも入っている」と通知する必要があります。


治療費用をクレジットカードで払う場合の限度額に関しては実際にやったことがありませんが、割賦販売法の限度額制限に関する除外事項として「生命・身体を保護するため緊急に必要とされる商品・役務」があります。この除外は個別クレジット(要するに医療ローン)に関してのものですが、包括クレジットであるクレジットカードで一切ダメと引き受けないとはちょっと考えられない(あるいは一時増額で対処する)でしょう。なお、クレジットカードの中でもキャッシュレス治療に対応している会社があり問い合わせしたことがありますが「最高額は当社の支払い上限まで」と言われたので、分散すると役立たずになるかもしれません。

また、この辺のやり取りはカード契約者本人に限定されるので、瀕死の重傷で意思疎通・連絡できない場合はどうするのか? という疑問があります。最低でも同行者にどういう保険に入っていて、事故時の連絡先はココとあらかじめ共有しておいた方がいいでしょうね。

dtdsdlさん
回答投稿日時:2015/2/20 8:17
そもそも、治療費が何百万円にもなるようなアクシデントに遭うようなことは「万が一」程度になると思います。心配しすぎなように思います。

挙げられている保険会社は、大手でサポートがしっかりしているところなので、「万が一」のときには相談すれば、あなたが困らないように手配してくれます。そのための「保険」でしょう。現地から助けを求められる連絡先が明記されていますよね。
一秒単位で生死にかかわるような場合以外なら、加入している保険会社に行くべき病院を紹介してもらってから行動したほうが、後の手続きがスムーズだと思います。
カード会社の付帯保険で、カードの限度額が足りないなら、そのときに相談すればよいです。緊急対応として、一時的に病院への支払いに限り限度額を引き上げてくれるような措置もしてくれるはずです。

(私の場合は、スリに遭ってカードを盗られてカード会社に連絡したのですが、旅行保険はついていないカードでしたが現地で使える新しいカードや現地通貨の調達のことを心配してくださって手配しましょうか、と言っていただいたことがあります。他のカードや現金もあって困らなかったので実際にはお願いはしませんでしたが)

死亡保障以外は、カード付帯海外旅行保険も別途加入した海外旅行保険も、保障内容は合算されます。あなたが選べるのは第一報の連絡先で、万が一のときはとりあえずは一番補償が厚いところに連絡すればよいとは思いますが、補償は(あなたが後日申告した)加入している会社で折半されることになっています。

日本国内はクレジットカード払い可能な医療機関はとても少ないので、外国ではスウェーデンではどのぐらい大丈夫なのか心配ですが・・・
カード会社のカード付帯海外旅行保険受付デスクの電話連絡先、スウェーデンの日本大使館/領事館の電話連絡先、別途加入する海外旅行保険会社の緊急連絡先、を控えて出発すれば、万が一のことがあってもほぼ大丈夫(どこかには助けてもらえる)なのではないかと予想します。
回答投稿日時:2015/2/20 8:19
それほどキャッシュレスにこだわるなら、損保ジャパンなんか安いんだから、バラで治療費だけ最低額を掛けたら良いのでは?
たぶん1500円くらいで済みます。

それで、条件の足りない分をAIUで掛ければ良いのです。

複数の保険に入っている場合(クレジットカードも含む)すべての保険会社から、按分して補償は支払われます。

保険金を請求する際に、他に入っている保険(クレジットカード含む)を申告しなければなりません。

当然のことながら、各社の補償額は加算されます。
たとえば、A社で200万円の治療補償に入り、B社で200万円、クレジットカードで200万円の補償が付いていれば、トータルで600万円まで補償されます。
ただし死亡補償は加算されず、最高補償額の会社の額のみが支払われます。

請求する際には、あなたが請求する会社は1社で大丈夫です(向こうで勝手に割り振ってくれる)。

ちなみに、キャッシュレスで受けられる病院は、たいてい小規模な個人病院のようなところが多いので、数百万必要になるような重症の場合は、国立メディカルのような高度救急病院に搬送されるので、あまり役に立ちません。
回答投稿日時:2015/2/20 14:26
私達の旅行は平均2週間程度ですが、世界中を旅行しています。
海外旅行保険は、クレジットカード付帯の保険と健康保険だけです。

病気を期待することもないので、持病がない限り海外旅行保険をかける必要ありません。
回答投稿日時:2015/2/20 16:25
今お持ちのクレジットカードで旅行代金を支払ったら、保険がかかるタイプの物もありますよ。また、支払いがなくても割と高めの設定の物もあります。
特殊なケースを望まれていないのであれば、カード会社に問い合わされたらいいと思います。
これは国内、海外問わず、です。