共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数5

投稿日時:2007/9/26 8:41


先日ニューヨークに旅行した際、ブルックリンブリッジのたもとにあるリバーカフェというやや高級なレストランに行ったところ、人種差別的な扱いを受けました。皆さんもアメリカで人種差別を受けたことはありますか? お客は初老の白人が大半で、若く見られがちな日本人の僕は景色が良く見える川側がいっぱい空いていたにもかかわらず、川から一番遠い端の端に案内され、その後に来る白人顧客は次々と川側に案内されていました。食事が終わったとたん叩きつけられるように請求書を渡され、とっとと出て行けといわんばかりの態度でした。もうアメリカはこりごりです。
回答投稿日時:2007/9/27 16:03
観光客に人気のある店では、ありがちな話です。
アメリカで就職したばかりの頃、背伸びして夫婦(夫は日本人です)で高い店に行っても、席が最悪なトイレやキッチンの横だったり、ウェイトスタッフの態度はつっけんどんだったりで、不愉快なことが多かったので、白人でないNY生まれの友人にコツを尋ねてみました。

言われたのは、以下の3点。
1) 思い切り、お洒落をしていけ。アメリカのウェイトスタッフはチップ収入だけで生活しているので、服装で金持ちかどうか判断する。よって、チップを気前よく払ってくれそうな客にはサービスが良くなる。
2) 良い席に行きたかったら、きちんと予約をしておき、入店時の案内係に5~10ドルくらいのチップを掴ませろ。そして、あっちがいい、と主張しろ。客が少なくなる遅めの時間に予約すると、良い席に座れる確率は高くなる。
3) ワインなどの飲み物、およびアペタイザーからコーヒーまできちんと注文して、せこい注文はしないこと。余ったら持って帰ればいい。

ふーん、なるほどね、でした。
やってみたら、店員の態度がころっと変わりました。特に服装は大事でした。
それ以降、嫌な思いをしたことはありません。混んでいて窓際に座れなくても、とびきり愛想のよいウェイトスタッフの席につけてくれます。

それと、リバーカフェなどの日本のガイドブックに載っている店では、エチケットを知らない日本人観光客が大勢押しかけて迷惑をかけられた経験があるので、日本人は嫌がられるんですよね。
ドレスコードがあるのに、ジーンズや短パン、運動靴やゾウリ履きで入店しようとしたり、子供を連れてきて走り回らせたり(高級店は子供を連れて行かないのが常識ですし、走り回らせたりなんてもってのほかです)、お酒が入って騒いで雰囲気をぶちこわしたりするもんで…。
店員がやんわり注意しても改めないので、思い切り嫌な顔されている日本人客たちに何度も遭遇しましたよ。自分たちは「私、日本人じゃないです」と知らん顔してましたけど。
どれか思い当たることありませんか?
回答投稿日時:2007/9/26 14:42
私も母を連れて、リバーカフェに行きました。友人が急に来られなくなり、3人の予約が2人になり、また、少し遅れてしまいましたが、いやみを言われることもなく、丁重に迎えてくれました。川沿いの席ではなかったですが、ソファの席で、ちゃんと夜景が見える場所でしたよ。

まず、お一人で行かれたのなら、端の席にされても仕方がないと思います。一般的にレストランで、一人のお客さんはやはり隅の方の席に座っていただくことが多いと思います。

予約なしなら、入れただけでラッキーです。レストランとしては、お味は平均点程度ですが、景色の関係で、何時もいっぱいです。予約もNYに着いてからしたのであれば、一人だから、何とか入れたのでしょう。私は、ほぼ1ヶ月前から、予約しました。

リバーカフェぐらいのレストランになると、それぞれのテーブルのディナーが2時間はかかりますので、席が空いているように見えても、レストラン側が予約客の集中する時間を見計らいながら、席を埋めていきます。また、チップ制ですので、サーバーに公平なように席を割り振っていきます。

後は、他の方が言われるように、服装ですね。ジャケット、スラックス、ネクタイはなくても良いとしても、革靴でしたか?そうでなければ、人種差別ではなく、レストランの雰囲気を守るためです。他の一流レストランでも、時々場違いな格好の人がいて、とても腹だたしい思いをすることがあります。せっかくのムードまで悪くなってしまいますので、一流レストランには、それなりの格好をしていきます。

サーバーの件に関しては、プロとしてお粗末なやつに当たってしまったのでしょう。総売り上げでチップが決まるので、一人の客や安いものしか食べないお客さんを嫌うばか者が時々います。私も一度、他のNYレストランで、アピタイザー中心に頼んだとき、不服そうな態度を取られましたが、たっぷりデザートをオーダーしたとたん手のひらを返したような態度を取るサーバーにあたりました。その店には二度と行きませんし、みんなにも聞かれたら行くなといっています。サーバーの教育は店の責任です。

NYは年に2回、高級レストランめぐりのために行っていますが、どこのお店でも、差別的な扱いを受けたことは一度もありません。いつもキッチンを見せてもらったり、シェフに会ったり、メニューをもらったり、親切にしてもらっています。

リバーカフェは、人気店なので、ちょっと態度がでかくなっているのかもしれませんが、NYは特に人種差別などしていられないぐらい、いろいろな国の人がいます。地下鉄の路線によっては、聞こえてくる言語は英語の方が少ないくらいです。

アメリカに人種差別は、確かに存在していますが、あからさまな差別はすぐ訴えられるので、もっと深いところで、見えないように行われています。
回答投稿日時:2007/9/26 12:25
リバー・カフェは通常夕食時は予約で一杯な筈です。
この店は常連客も多く、又予約しなければ入店できません。
恐らく店員が何とかしてあげようと気を利かせてくれたのでしょう。
そうでなければ入店自体が難しいと思います。

にも拘らず人種差別・・・ですか?
請求書を叩きつけるように・・・人気店の店員の中には勘違いな人も多いから。
でもこれは日本でも同じで、アメリカだからって事にはならないんじゃないですか?

状況が判らないので決め付ける事は出来ないですが・・・そんな程度で人種差別を持ち出すのは、「何だかな~」と。
人種差別は貴方が考えているより遥かに厳しいものだ、と理解してます。
回答投稿日時:2007/9/26 9:55
質問者様の投稿を目にしてRiver Cafeの事を思い出しています
2007年から遡ること19年前、私もRiver Cafeに入っています
橋の横に在るCar Parkingに車を停めて散歩を始めました
傍らのレストランが目に入りました
マンハッタンに店を構える資金が無いからこんな所で営業しているのだなと思いました
それにしても此処からの景色は良いなと思いました
今思えばRiver Cafeです
その当時River Cafeなど無名でした
River Cafeから見るマンハッタン・スカイラインと同じ景色を見たいのならCar Parkingからでも十分です
River Cafeのステーキは大味でしたよ(1988年)
南部牛に味の素のCook-DoをたらしたBBQの方が美味しいと思います(2007年)
River Cafeの料理は当たり外れがあるようです
美味しい料理を確実に頂きたいのならもっと良いところが沢山あります
レストランの星の数は「それはそれ」です、無印でも美味しいところは沢山有ります
私が泊まっているザ・カーライルの横のレストラン(カーライルからは専用廊下で繋がっている)の方が遥かに美味でしたよ 

私はRiver Cafeの従業員から酷い扱いを受けていませんが、
River Cafeの従業員が「いちげんさん」に人種差別とは無関係に酷い扱いをしていました
カーライルに返って「River Cafeの件」をコンシェルジュさんに話しました
コンシェルジュさん曰く「だから、コンシェルジュと云う職業が在るのです」でした
コンシェルジュの実力を知らなかった当時二十歳代の私の大発見でした!

英語サイトでRiver CafeのReviewを読んでいますが
River Cafeに入った方のReviewは最低か最高のどちらかに分かれるようです
極端なReviewが多いですね
「どちらともつかない」と云うReviewが少ないです
とかく話題の多い店であることは確かです
どちらにしても、1977年から30年の長きに渡り潰れないで居るRiver Cafeです
料理の味はともかく、それなりの営業活動が為されているのだと思います

人種差別に関して:
稀に、人種差別を受けますが、気にはなりません
何で気にならないのか? 私を快く受け入れて下さる方も多く居られるからです

質問者様へ
まともな人は人種差別を致しません
質問者様の質問に対する答えになっていませんが「酷い仕打ちを受けても自信を失わないで下さい」ね!
彼方は自費でニューヨークへ旅する事が出来る御金持ちなのです!
このことは自慢してよい事です

NANA
回答投稿日時:2007/9/26 9:49
まず、私はアメリカで人種差別を受けたことはありません。

リバーカフェには行ったことがないですが、
有名レストランでそういう接客をされると辛いですね。

文面からは昼なのか夜なのかわかりませんが、
もし夜であれば予約を入れた時点で埋まっていたのではないでしょうか?
(リバーカフェで週末に良い席取るのは大変だと聞いたことがあります。数年前ですが。)
それと何故、景色が良く見える席に移りたいと言わなかったのですか?
ニューヨークなんてところは自分の意思をハッキリと主張しない限り
事が良い方向に進むなんてことは、まず有り得ないと思ったほうがいいです。

それとドレスコードは問題なかったですか?
リバーカフェほどになると基本的には(夜は)ジャケットアンドタイだったと。
あまりにラフな服装だと入店拒否まではいかなくとも、
接客態度に差が出ないとも限りません。
店としても早めにお引取り願いたいところでしょう。

店側に問題があったのか、
あなたのほうに問題があったのか分かりませんが、
人種差別なんて言葉を持ち出すのは突飛すぎますよ。

まあ、リバーカフェアメリカの全てではないですから
もうアメリカは懲り懲り、とは言わずまた何時か再訪されてみては。