共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数3

投稿日時:2012/7/21 23:45


秋に10日北京に滞在予定です。
航空券・ホテルの予約は済みましたがさて何をして過ごそうか思案中です。
以前の北京の旅で主な観光は済ませております。
何か変わった視点での北京の過ごし方の提案をおねがいします。
回答投稿日時:2012/7/23 8:36
以前の旅で主要なところをご覧になっていらっしゃるということでしたら、
新幹線を使って、天津日帰り観光をおすすめします。

東京-熱海間くらいの距離ですが、
北京南駅から15分に1本くらいの間隔で新幹線が出ていて、
天津駅まで約30分です。
切符は、パスポート持参で、窓口で当日購入可能です。
観光シーズンですと、直近の列車には乗れないかもしれませんが、
数本遅らせる覚悟でいけば、必ず乗れます。
天津から北京の帰りの切符も同様ですが、
万一切符を取り損ねても、空港バスやタクシー交渉で、
車でも十分帰れますから、ご心配なく。
タクシーだとちょっと高くつきますけれど…。

ご存知かもしれませんが、
天津は北京を海側から守る街として、
清朝には多くの外国人租界が形成された町です。
市の中心にある「五大道」エリアは、
当時の建物が今も保存されており、
国営企業や民間企業がオフィスや飲食店、学校施設、ホテルなどとして、
利用している、生きた遺産です。
馬車による観光もできます。
乗り場は、「民園体育場前の馬車乗り場」からです。
レンタサイクルもあって、気ままに回ることができます。

また、ちょっとタクシーに乗って、
「海河」と呼ばれる河畔のエリアに行かれるといいですよ。
ここは、主に、イタリア租界があった場所で、
夜景がすばらしいエリアです。
もし天津に一泊できるようでしたら、
ぜひ眺めておきたい場所です。
「天津之眼」と呼ばれる観覧車の目の前に
ホリデーインホテルがあります。
この辺りからの眺めが最高です。
このホテルの目の前に埠頭があり、
遊覧船がボンボン出ています。
1時間コースで、天津駅の前まで行き、帰ってくるコースがおすすめです。

それから、その河をはさんだ反対側(西側)に、
古文化街と呼ばれる、民芸品、工芸品などの土産物を扱う
楽しいエリアがあります。お菓子などもあります。
天津土産は、だいたいここで揃います。

インターネットで日本語で検索しても、
そうとうたくさんの情報がヒットしてきますから、
ぜひ、足をのばしてみてください。
回答投稿日時:2012/7/23 3:12
798を巡ってみましょう。

市場巡りも面白い。

什刹海のBarで飲んだくれてみる。

ノープランでちぃ散歩。
回答投稿日時:2012/7/22 0:36
1)「万里の長城ハイキング」一般コースではなく、マニアックな入口から入って歴史を堪能する。
2)現地の中国人と混ざって公園で朝体操をする。
3)中国語を覚えて使ってみる。
4)毛沢東グッツを集めてみる。
5)旅の写真(食事)を撮りまくり、帰国後、公開する。
↑ あくまでも参考までです。
よい北京を!!!