大切なお知らせ

TripQは2020年2月末にサービスを終了します。
詳細はこちらをご覧ください。
https://note.com/yahoo_travel/n/n582117f43b1a

共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数2

投稿日時:2012/1/2 15:13


就労ビザについて質問です。
例えば現在シンガポールで就労しているとして、その人はシンガポールの就労ビザを取得していますよね。
もし他の国の就労ビザも取得する事になりその仕事でシンガポールに入国する事になっ たら、果たしてシンガポールに入国の際にはシンガポールの就労ビザの提示が必要なのでしょうか、それともその他の国の就労ビザとパスポートで入国出来るのでしょうか。
教えて下さい。
回答投稿日時:2012/1/2 15:29
仕事の内容にもよりますが、シンガポールでの雇用若しくは金儲けを伴わない入国するだけならシンガポールの就労ビザを提示する必要はないですね。その他の国の就労ビザも必要無いです。パスポートと出国の航空券だけで入国できます。その仕事内容詳細が不明なので、以上を参考に大使館に確認したほうがより確実かと思われます。

補足:できます。但し、出国の航空券提示を求められるかもしれません。
回答投稿日時:2012/1/2 16:32
補足:そうです。もし入国審査で入国目的を聞かれたら観光(または商用)と答えてください。シンガポールの就労ビザが有効期間でも関係ありません。




>>もし他の国の就労ビザも取得する事になりその仕事でシンガポールに入国する

ということは、まず「その仕事」とは他の国の就労ビザで働いている仕事ですよね。ならばその時点で、もうシンガポールで就労はしていないことになりますよね。

でしたら、その仕事でシンガポールに入国する場合は、シンガポールの入国目的は就労ではなくて商用でしょう。

そうすると日本国籍の人はシンガポールに観光、商用で入国する場合は30日間の滞在が許可されますので、何のビザもいりません。

30日間を超える滞在の場合はシンガポールの入国管理局でビザ申請を行いますが、その場合でも就労していないので就労ビザではありません。

シンガポールの就労ビザとは、たとえばシンガポールの会社に就職して給与などの報酬を得る場合に必要なビザです。他の国の就労ビザで働いていて、その仕事でシンガポールに入国する事になって働いたとしても、シンガポールの会社などから給与はもらいませんから就労ではありません。

単に商用でシンガポールに出張しているだけです。

それともまさか、シンガポールで就労しつつも他の国でも就労している二重就労でしょうか、その場合は税金などむずかしい問題が発生して就労ビザよりそちらのほうが問題ですよ。