共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数2

投稿日時:2011/11/3 8:26


鮮やかなオーロラを見るには?
アイスランドでオーロラを見ましたが雲みたいでした。ガイドによればカメラなら鮮やかな色が出ると言ってその場で撮った写真を見せてくれました。肉眼でも見る工夫は? 1日目は地平線から出た虹のようなオーロラ、2日目はカーテンのような動くオーロラを見る事が出来ましたが、どちらも雲のような白い色で写真で見るような鮮やかな色ではありませんでした。たまたま弱いオーロラだったので強いオーロラなら人間の目でも鮮やかな色を見る事が出来るのでしょうか?どうすれば綺麗なオーロラが見れるのですか?見えただけでも良いと言いますが、国や場所とか時間とか寒さとかあるのでしょうか?
回答投稿日時:2011/11/3 19:38
鮮やかなオーロラを見るには、活発なオーロラに出会うことが必要だと思います。
もやのかかったものではなく鮮明なオーロラだったり、
活動が活発なオーロラだと色を識別しやすいです。
それは色の元となる活動が多いので、絵の具を多く散らしたようなものです。
人間の目だと微量な色合いだとどうしても緑というより白よりに識別・認識してしまいます。
カメラが見た目より鮮やかな色で表現できるのは、数秒間色を溜め込んで一枚の写真を作るからです。 私達の脳みそではどれだけ長くまばたきを我慢しても、脳みそで色を溜め込んで認識させてはくれません。

オーロラが活発だと、緑、黄、ピンク、藍、紫、赤といった色で現れたりします。 見慣れるのも一つの手だと思います。
緑・ピンクは出会いやすいし、認識しやすい方です。
藍や紫はそうなのかもなぁ程度に確認できます。 色というよりも明らかに他の夜の空とは色が違うといった程度ですが。
赤は血のような鈍い色で、ここ最近ですと肉眼でもわかる赤色が出るようになりました。
これが太陽活動のピーク時の前触れなのかと期待しています。

ですので、国や場所、時間ましてや寒さは関係なく、オーロラ活動がどれだけ強いかでオーロラの色の濃淡は変わると思います。

おっしゃっている地平線からでた虹のようなオーロラというものに興味が沸きました。
回答投稿日時:2011/11/6 2:57
弱いオーロラで残念でしたね...
強いオーロラは本当に感動しますよ!
二度、見たことがあります。

綺麗なオーロラを見る絶対的な方法はありません。

ただ、確率を上げることはできます。
①晴天率
観測地の天気はかなり重要です。曇っていては、仮に激しいオーロラが出ていても観測することはできません。

②周期的によく出る日を選ぶ
詳しく書いてしまうと長くなってしまうので...
「太陽風 オーロラ」などで検索してみてください。
太陽風の速度が上がる日に合わせると、激しいオーロラが出る確率が上がります。


オーロラは一年中出ますので、寒さは全く関係ありません。
オーロラ=冬と考えてしまうのは、オーロラの出るような場所は、夏は、夜になる時間が短いので観測に不向きなシーズンだからです。
反対に冬は夜が長いので、観測に適していると言えます。


こちらを読むと、少し理解が深まるかも?
http://aulive.net/howto/index.html