共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数5

投稿日時:2011/7/25 1:54


家族がモロッコに行こうとしているんですが、、、、 モロッコって結構テロありますよね。

心配です。

添乗員付きツアーで7泊程度行きたいといっています。


しかし、観光客を狙ったテロが4月に起きたと聴きましたし、
過去もそうした事件があったということで。

治安自体は比較的いいということはきいているんですが、
自爆テロばっかりは自分で気を付けることもできないと思うし、

観光客として団体行動をしていることが逆に危険になってしまうのでは、と
思うのです。



海外旅行に詳しい方、もし自分の子どもや親がいくとなったら止めますか?

あるいはご自分でもいかないようにしますか?
回答投稿日時:2011/7/30 20:10
はじめまして、こんにちは。
今年の1月にバックパック旅行と称して2週間モロッコを放浪してきました。



「家族がモロッコに行こうとしているんですが、、、、 モロッコって結構テロありますよね。」

どこの国や地域と比べて、結構あると言えるのでしょうか。イスラム圏・マグリブ地方圏内で考えるのであれば、安全な方です。



「添乗員付きツアーで7泊程度行きたいといっています。」

むしろ危険な場所や見せたくない貧困地域を見ずに済むので、快適な旅で終われると思います。
物足りなさは残るかと思いますが、大きなカルチャーショックやがっかり感は無いと思います。


「しかし、観光客を狙ったテロが4月に起きたと聴きましたし、過去もそうした事件があったということで。
治安自体は比較的いいということはきいているんですが、自爆テロばっかりは自分で気を付けることもできないと思うし、
観光客として団体行動をしていることが逆に危険になってしまうのでは、と思うのです。」

今年に入っては、私が日本に帰国して数カ月後に、マラケシュの観光客でにぎわう「ジャマ・エル・フナ広場」で爆弾テロが起こり、フナ広場一面を見渡せられる有名な喫茶店でそれは起こりました。死傷者も出たと記憶にあります。

その後には、モロッコは国王を元首とする立憲君主政なのですが、モロッコ北端のタンジェで、政府が現政権の国王一家に有利な政策を推し進めたために、モロッコの若者たちが反発しデモ行動がありましたが、1日足らずで鎮圧されました。



「海外旅行に詳しい方、もし自分の子どもや親がいくとなったら止めますか?あるいはご自分でもいかないようにしますか? 」

海外旅行問わず一歩外へ出れば、何が起こるか分からないと思います。
突然、今日何かが起こってもおかしくないですし、特に飛行機の離着陸前には最悪死んでもおかしくない状況です。

私個人は、海外旅行では現地のトラブルは避けられれば幸いですが、目的地へ到着前の移動時点でも死を覚悟しています。
現に、移動中の飛行機で不時着して亡くなられている方々が連日テレビのニュースで報道されていますよね。

アウトドア・スポーツ、アウトドア・ライフのような自然を相手にすることをはじめ、飛行機を利用する海外旅行も、常に死と隣り合わせです。目的地での移動や行楽地で命を落とす人もめずらしくありません。

死という大きな代償と引き換えに、旅先での今までに見たことない絶景があるのではないでしょうか。

海外旅行での個人の意識の問題かと思います。


モロッコをはじめ温和なイスラム圏内でテロが起こるのは、ヨーロッパ・北米などのキリスト教圏よりは少ないといえます。
ムスリム同胞を死なせるような行為は、過激なムスリムでもめったにしません。

彼らが憎んでいる理由は、西ヨーロッパの十字軍派遣からはじまったイスラム対キリストの宗教戦争からきています。

もしどうしてもイスラムによる爆弾テロを回避したい場合には、ヨーロッパ・北米・イスラム教を信仰する国々(アフリカ・アジアも含め)を旅行先に選ばない方がいいと思います。そうすると残るは大きな観光地としては、アジアだけでしょうか。

でもそれら欧米とイスラム圏も旅行先に選ばないと、目新しい新鮮な風景は一生見えてこないかもしれません。

現在、マグリブ地方(エジプトを除く北アフリカ3カ国、チュニジア、アルジェリア、モロッコ)の中では、大きな政変や内紛が起きていないのは、モロッコだけです。

後は、あなたとご家族とでよく話し合ってみてください。
外務省の「国別安全情報」や旅行雑誌で、行き先のイメージを膨らませるのも、前向きに旅行へ出かけられるきっかけになるかと思います。
回答投稿日時:2011/7/25 5:24
一昨年に、モロッコを周遊旅行し、案外面白かったですが、今行くにはチョット考えます。
テロよりもデモの方が心配で・・・。
中東圏にもう少し平静が訪れた時には、もう一度行ってもいいかな。
回答投稿日時:2011/7/25 4:03
ルクソール事件は、「ハトシェプスト葬祭殿にいた観光客」が狙われたのであって、個人旅行客、ツアー旅行客ともにその場にはたくさんおりました。特にツアーの客が狙われたわけではありません。
個人旅行客で安宿や地元民用食堂等を利用する場合が多い場合は、比較的テロに会いにくいと言えるのでしょうが、観光地や繁華街では、あるいは欧米資本のホテルを利用するような場合にツアーと個人でテロに会うリスクに差があるとは思えません。
個人旅行なら現地に溶け込めるというのも疑問で、逆に現地に不慣れで案内人もなく単独や少数で行動する観光客は拉致犯や、強盗犯に狙われる危険性が高くなります。

いずれ、質問者のご家族は、ツアーでの旅行が前提によるようですが。

モロッコは非常に治安のよい国なのですが、今、世界的に物価(特に食糧)の高騰があって、所得が低い国ほど、どこでも社会不安が高まっているようです。特に政治的な抑圧の高い国ではその傾向が強くなります。モロッコもある程度はそういう影響があるのだと思います。とはいえ、モロッコは立憲君主政である程度民主主義が機能していますし、エジプトと違って観光収入のみに依存するような産業形態でもありません。
基本的に、イスラム教徒は旅人を非常に大事する習慣(これも信仰に基づくものです)があります。西アフリカは中東とも文化的に異なり、戦争の繰り返しで難民が多かったり欧米に敵対心を抱いていたりということも無いので、これからすぐに立て続けにテロや暴動が起こるという感じでもないのではないでしょうか。

なお、外務省の海外安全情報は、西サハラ以外のモロッコ国内に渡航に関する危険情報を出していません。モロッコと日本は経済関係が大きくありませんから、「経済関係を考慮して」危険情報を出さないわけではないと思われるので、この点は安心が置ける要素だと思います。

家にいるよりリスクが高いのは確かですが。
回答投稿日時:2011/7/25 3:33
治安悪いし、飯不味いから、2度と行かない国です
回答投稿日時:2011/7/25 2:04
おっしゃる通り、北アフリカのテロは、観光客を標的の場合が多いので、ツアーで行く方が危険が大きいと思います。
ツアー客を狙った、エジプトのルクソールの事件が有名ですね。
なぜ、ツアー客を狙うかと言うと、北アフリカの多くの国は観光業だけで成り立っているので、政府や資本家にダメージを与えるためには、金持ちツアー客を狙うのが一番効果的だからです。

ですから、個人旅行で行った方が、ずっと安全と言えます。
自分で危ないと思ったところに行かない、無理なスケジュールを立てない、疲れたら、予定変更してもう1泊する、とか、自分の体調に合わせて、無理の無い行動をすることができますから。

個人旅行で、安宿に泊まっていれば、まずテロの標的にされることはないでしょう。
ただ、個人旅行者の中には、無謀なことをしたり、わざと危険な所に行こうとする人もいますから、そういう冒険をしない性格の人なら、個人旅行で安宿に泊まる貧乏旅行が一番安全と言えます。

まずは、お母さん自身が地球の歩き方をお読みになって、旅のイメージを思い浮かべてみてはいかがでしょう。
そうすれが、ただただ、「心配だ」「危ない」と言った、根拠のない反対論ではなく、具体的な提案ができると思います。

私は、娘と息子の小さい時に、モロッコに連れて行きましたが、大きくなって一人で行きたいと言い出したら、ツアーでなければ、送り出しますね。
ツアーは上記のような危険性があるばかりではなく、日本人だけで行動して、現地に溶け込むような旅ができないからです。
旅先での安全とは、まず、現地に溶け込むところから始まります。
そのためには、安宿に泊まって、現地の生活のすぐ横で滞在するのが一番なのだと思います。