大切なお知らせ

TripQは2020年2月末にサービスを終了します。
詳細はこちらをご覧ください。
https://note.com/yahoo_travel/n/n582117f43b1a

共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数2

投稿日時:2011/4/17 7:27


世界一周旅行を計画しています。一カ国目を中国周遊と考えていますが、どうしてもチベット自治区のラサへ行ってみたいと思っています。中国周遊経験者の方からのご意見をお願いいたします。 中国で観光したい場所
◎ラサ、九寒溝・コウ龍
成都、楽山、西安周辺
その他 北京周辺

ルート①大阪(フェリー)⇒天津⇒北京で観光、列車にて⇒西安で観光、列車にて⇒成都で観光、成都発ラサツアーに申し込み⇒ラサで観光、列車にて⇒広州⇒ナンニン⇒ハノイ

ルート②大阪(フェリー)⇒天津⇒北京で観光、列車にてラサを自力で観光⇒西安・成都を観光⇒ハノイを目指す

ルート③大阪⇒北京経由で九寒溝⇒成都見⇒西安⇒ラサ⇒ハノイを目指す

等々色々考えてはいます。

入域許可書は成都発ツアーだと現地旅行代理店が作成とのブログが多数あり容易なのでは?
個人で観光が可能なのか?根本的に分かりずらいです。

中国は、深センや広州で少し経験がありますが、交通手段や宿泊の不安、言葉や食事の不安もあります。

地球の歩き方11-12中国のガイドブックの情報だけです。

アドバイスよろしくお願いいたします。
回答投稿日時:2011/4/17 9:25
ラサ観光に関しては、中国の何処を起点にするにせよ、「西藏自治区旅游局外国人旅藏確認函」(チベット入境証 TTBパーミット)の発給が必須条件です。この発給を受けないで、チベット内に入ることは違法行為となり、最低チベット内からの強制退去、悪くすると拘留・国外退去処分となります。要するに、チベット旅行は自由な個人旅行は出来ないということです。

この発給条件は、チベット内の旅行社の主催するツァーに参加することです。このツァーというのは、既製の旅行社の募集するツァーというよりも、事実上は手配旅行ということになります。この最低条件は、チベット入りの交通機関の確保、チベット内の宿泊施設の予約、チベット内の移動手段の確定(車チャーター。但し、ラサ市内は市内バス利用可)、ガイド付き、です。もちろん、旅程日程を定める必要があります。以上により、チベット内の旅行社が旅游局に申請し、TTBは旅行社宛に発給されます。なお、チベット入りの交通手段(空路・鉄道)のチケット購入にはTTB提示が要りますし、宿泊施設も同様です。

以上、チベット内の旅行社と直接に連絡して、以上の手配を受けることも出来ますが、通常は、中国内のチベット入り出発地の旅行社または日本国内の旅行社に代理手配を依頼することになります。以上のことから、チベット旅行は、手配に日数と手間がかかり、費用も中国の他の地区と比して高額になります。

以上の点を考慮して、中国内の日程・旅程を考える必要があります。ちなみに、成都の場合、TTB入手まで1週間程度を見込んだ方が確実です。ですから、チベット入りに起点となる都市の旅行社で手配して、TTB入手までの期間を利用してその周辺を観光することになります。

従って、チベットへの旅行者の一番集まる成都を起点とする、ルート①がいいのではないでしょうか。TTB入手までの間に九寨溝・黄龍、峨眉山・楽山大仏などを観光すればいいでしょう。

なお、費用・日数的な問題があるなら、ラサ観光は省略です。

〔追記〕 ラサ観光の費用に関して、成都のシムズ・コージの旅行部の例、
5泊6日(往路鉄道・復路空路 ラサ観光2日)で、約1600元(1人参加)
チベット入境証・ガイド代(英語)・ラサ市内送迎費を含む
但し、食費・宿泊費・ラサ観光時の交通費・入場料・ラサ入り出往復交通費は含まず

従って、以上に、往路硬座中692元・航空料金1500元(正規+150元)、宿泊費ドミトリー1泊50元前後、入場料ポタラ宮100元・ノルブリンカ60元・ジョカン85元・セラゴンパ50元・デプンゴンパ55元、市内バス代・食費その他がかかります。
回答投稿日時:2011/4/17 18:40
今度、お勧めは、日本ー成都へ飛び、それから九賽溝ー黄龍へ観光に行き、後は、楽山大仏とパンダ基地へ観光に行き、時間があれば、峨眉山もいいです。それから、成都ーラサへ、ラサ市内及び湖(ヤムドク湖かナムツオ)、後、ラサー西安へ移動する。西安観光は、2日で充分です。http://www.sctabi.com