共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数4

投稿日時:2017/9/26 7:43


イギリス語学留学について聞きたいことがあります
来年度 息子が1年間の語学留学を行う予定なのですが
エージェントの方から
財産を証明するための預金通帳とパスポート
提出を依頼されました。コピーではなく現物をです。
預ける期間も数週間とのこと
紛失や偽造の心配があります
イギリスに限らず海外で長期間滞在するには
このような手続きが必要なのでしょうか?
よろしくお願いします。
回答投稿日時:2017/9/26 7:48
私の時はパスポートのコピーと英文残高証明書など、とても大事な物はコピーでした。
現物の物もありましたが、それを数週間預けるという事はありませんでした、現物はその日に見せて自分で持ち帰りました。なので、エージェントにそんな大事な物を数週間も預けるのはちょっとおかしいと思います。そのエージェントはだいぶおかしいと思います。
回答投稿日時:2017/9/26 8:16
ICタグごと流出しそうで嫌ですね。
写しでもためらわれるというのに・・・
戸籍謄/抄本、住民票の写し等が不正請求される事例があります。なりすましで犯罪に使われる他、勝手に金融機関で適当な印鑑で口座を作りお金を借りることができます。
また、JTBでも個人情報流出がありましたが現物を求めるのは「てるみくらぶ」レベルの管理体制なのではと懸念します。
もっと悪いのは、お子さんが犯人扱いで捕まるリスクがないとも言い切れないことです。
悪意のない代理店でもその内容を保管用にパソコンでとっておくなら格好の餌食になります。なぜかというと、情報として揃っている管理の甘い場所から優先的に狙われるのは自然なことだからです。
現物を求めるのは聞いたこともありませんが、用途はきっちり確認された方がいいのではと思います。
回答投稿日時:2017/9/26 9:59
Visaの申請のために提出を依頼しているのでしょう。
ただし、Visa申請は本人がするものですから代理店(代理人)が書類などを準備しても本人が最終的には本人が申請です…

18歳以上と思いますが、11カ月ではなくて12カ月の滞在ですか?
12カ月の場合IELTSの試験結果を提出するのですが試験を受けましたか?
試験を受けない場合は11ヶ月満期のビジター学生Visaの申請ですから面倒な書類はないはず。
エージェントを頼らずに申請できると思いますが…

基本的なことは必ず自分で調べることが重要です。
Visa申請にあたり日本語できちんと説明されていますので必ず英国Visa申請センターのサイトで調べられます。

http://www.vfsglobal.co.uk/japan/japanese/

日本語の書類は必ずプロの翻訳をすること、資金証明で使う通帳も翻訳以来のこと。
申請者以外の人の口座を使う場合はサポートレターを付けること。
日本語でレターを書いた場合翻訳依頼。

Visa申請はオンラインですから本人がすること、申請書をプリントしておくことを忘れないように。
オンライン申請が終了すると書類提出日の予約をするようになっているのでできるだけ早い日などを選んで予約する。

Visaセンターに行くのは申請者本人ですから依頼に出しても自分でしないといけないです。
すべての書類はVisaセンターに提出するので第3者に渡す必要はないはず。

Visa申請を本人に代わってやりますと言われたのでしょうか?
システム上本人以外は申請できないようになっています。
エージェントが出来るのは書類が漏れていないか、指定された通りになっているかなどのチェックだけです。
それでもたまに書類の漏れややり直しがあるようです。

Visaセンターに提出する書類は原本ですからパスポートもマニラに送られます、また申請時に指紋などの登録をします。
ということで本人以外の人は申請が出来ないということです。

最近は中継地でVisa審査をする国が増えていますのでパスポートなど心配ですが指定された審査地に送られます。
英国の場合はマニラになります。
日本の英国大使館では一切Visaに関しては取り扱っていませんから大使館には問い合わせできないです。
回答投稿日時:2017/9/26 10:17
エージェントはどこですか?