共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数4

投稿日時:2017/9/21 21:15


マチュピチュは、なぜあんなに人気あるのでしょう!?昔、世界遺産にハマっていたころ、世界遺産の雑誌に行きたい世界遺産のランキングがあって、マチュピチュが一位でした。

他の雑誌などでも似たような結果でしたが、私はナスカの地上絵は大好きですが、マチュピチュにほとんど興味がなく、なぜあんなに行きにくそうな場所に人気があるのか、未熟なワシにはよくわかりません。

例えば、これがギザのピラミッドだったら、世界ふしぎ発見の影響だと予想できるのですが…。

世界遺産ファンの大部分を占める、熟年世代の山登り好きの影響かな?

質問は、マチュピチュの魅力と、人気が出たきっかけがあればを教えてください。(芸能人の旅行番組の影響だとか、ナスカの地上絵とのセットコースだったのがナスカより人気が出たとか。)

また、よければ一番行ってみたい世界遺産を教えてください。(ワシはモンサンミッシェルです)

行かれた方でも、まだだけど憧れておられる方でも結構です。

よろしくお願いしますm(_ _)m

ちなみに下の写真は、ワシが10年ほど前に訪れた中国の九寨溝の写真です。

地震の影響が小さければよいのですが…。
回答投稿日時:2017/9/21 22:58
価値観が違うと思いますが、

人気に関しては、明らかにメディアを使って流行を造っていると思います。

ツアー代金を見ているとモンサンミッシェル等のヨーロッパのツアーでも同じ日数で
個人と比較しても同じくらいだなと良く思いますが、

南米のツアーは高額で利益をだいぶ盛っていると感じます、航空券のシステムも変わり、代理店が生き残っていくには仕方のないことだと思いますが、それにしてはやり過ぎです、個人で行けば半分位なのに。

勿論、
色々行き過ぎて場所が無くなってきた人もいると思いますが1位はさすがにね、ウユニ塩湖もブームですね。

自分も色々行きましたが、基本的にアクセスが良いところばかりが目立つなと思っています、観光客狙いだから仕方がないのかもしれませんが、個人的には過酷な所に行きたいんですがね~。

マチュピチュにしても、世界遺産ではありませんが同じような場所がその国に幾つかあります、マチュピチュに比べれば規模は小さく、劣化も激しい、アクセスも非常に悪く、観光客はほぼ居ませんが、貸し切りで自分はそっちの方が印象が残っていますね。

世界遺産かどうかは解りませんが、
エチオピア ダナキル砂漠のエルタ・アレとガラパゴス、絶対に行こうと思っています。
モンサンミッシェルに行くなら、ぜひ宿泊をお勧めします、夜が幻想的でいい感じです。
回答投稿日時:2017/9/21 22:11
数年前に、ペルーへ行きました。
故に、マチュピチュにも2泊して、丸一日楽しんでいます。
やはり、人気のある所であると、実感。大きな感動がありました。

私もナスカの地上絵にも凄く興味がありましたが、
セスナ機での観覧飛行は苦痛でしたね。
よく見えなかったりしましたし、2回目は遠慮したい感じ。

ギザのピラミッドもヨカッタですね。
景色はテレビ画面でよく見てましたが
あの"空気感"、"存在感"はなんとも言えないものでした。
今まで一番ヨカッタ。マチュピチュは二番目。
回答投稿日時:2017/9/21 22:05
90年代に欧米人の間で古代遺跡でヨガをするのが流行しました。遺跡が秘めた神秘的力との相乗効果があると信じていたようで、その時は「ヒーリング」として扱われていたと記憶しますが、近年の日本ではブームのパワースポットと混同した印象があります。
勿論、その神秘性もあるでしょう。マチュピチュは遺跡の中に立ち入るとただの石積廃墟ですが、高台から遺跡の全容を眺めると雲海の中に埋もれていた景観が瞬く間に雲が流され突如として遺跡が現れる自然の演出は感動的です。
またマチュピチュは標高があり、ある程度の確率で軽い高山病を罹患する確率が高いため、にわか山歩きにとっては達成感征服感が味わえる自己満足を得られる側面があるのは否めないでしょう。日本からの距離や所要時間、費用に見合ったものを求めたい心境は分からないではないでしょう。
遠い、険しい世界遺産という意味ではイースター島もありますし、神秘性ならアンコール遺跡もあるのですけどね。
大概の遺跡の世界遺産は訪ねてますので、行ってみたいのはイラクのハトラやアッシュールですかね(イラク自体は行っているのですが)。
回答投稿日時:2017/9/21 21:19
パーヌルル国立公園