共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数8

投稿日時:2017/7/5 18:54


オーストラリアで話されている英語で方言とかあるんですか??私たちが習う英語は、ガチガチの標準語、なんでしょうか。
回答投稿日時:2017/7/5 18:59
豪州英語そのものが本国から見れば方言なのですよ。ロンドン市東部下町の英語コックニー英語です。どんなものかは知ってるんでしょ?聞いてるんだから。
回答投稿日時:2017/7/5 19:02
オーストラリアの方とお話しする機会があったのですが、相手の方が私に合わせて下さったのか普通に英語でした。
でもイントネーションは私の知っている英語とは違いましたね‥
イギリスの方が話されるブリティッシュ・イングリッシュもイントネーションが違いました。
多分ガチガチの標準語なのでしょうねw
スラングや、wannaや
lol など学校では習いませんものねomg
回答投稿日時:2017/7/5 19:25
フランス語と違って英語は,標準語が定められていません。

・・・ということは,見方によっては,どこで話されている英語も,その地域の方言(regional dialect)だと言えそうなのですが,方言だと言われるのを嫌う人が多いので,地域英語(regional English)という言葉も最近では,方言辞書の書名に使われています。

私たちが習う英語は,アメリカの三大方言の一つで,Northern とか Western などとも言われる地域のものであって,東は大西洋側のニュージャージー州にまで延び,中西部を通って,西は太平洋側全域にまで延びる,アメリカ最大の方言であり,俗に General American とも呼ばれているものです。
回答投稿日時:2017/7/5 19:31
40年前、米国からの女性とオーストラリアからの女性がアパートをシェアしていましが、米国からの女性は最初、ほとんどオーストラリア英語が分からないと言っていました。単語自体が全く違うのが結構あったですし。
その頃からするとオーストラリア英語はかなり米語に近くなっています。確かにサンダイとか言う人もまだいますが、すぐ慣れますよね。
アイルランドの人が30年前に来た時も全く分からなかったですが、今はアイルランドの人も若い人はかなり米語に近くなっています。
BBCを聞いてても昔ながらの英国英語のアナウンサーは絶滅危惧種になりつつあります。

私は各国から日本にくる高校生のホストファミリをしていたのでいろんな英語に接しましたが、だんだん均一化しているのを強く感じます。
回答投稿日時:2017/7/5 19:51
どんな言語でも方言はあります。方言のない言語なんて存在しません。だからオーストラリア英語にもかならず方言があります。
回答投稿日時:2017/7/5 20:05
Good dayオーストラリアだけのあいさつ語。

日本で習う英語はアメリカ英語
アメリカ英語とイギリス英語もやはり微妙に違う。
回答投稿日時:2017/7/6 8:29
オーストラリア在住です。

1.オーストラリア英語は、普通の公立学校で習うアメリカ英語とはかなり違います。単語そのもの、発音、イントネーション、スペルなどその違いはかなり大きいです。ここの英語は一応、英国の英語が基本ですが、それとすら違うことが度々あります。よく馬鹿にした感じで言われる「ぐっだいまいと!」は年輩の男性くらいしか使わなくなりつつありますが、それ以外にもいろいろ違います。

2.日本の学校で普通に習うのは「ガチガチの標準語」ではありません。アメリカ東部で主に話されている英語ということになっています。教科書会社が作っているCDなどはたいていそうですね。これは「英語の中のひとつの方言」です。英語圏は極めて広いので、「世界標準」の英語はありません。

3.オーストラリアの中でも方言があります。シドニーあたりで話されている英語と、南オーストラリア州の英語では発音やイントネーションにかなりの違いがあります。英国内でもスコットランドとアイルランドとイングランドの田舎とロンドンではかなり違います。
回答投稿日時:2017/7/8 14:40
ありますよ。

オーストラリアでも西のパース、南のアデレード、シドニーやメルボルンの東部と北の方の人とでは発音が違います。シドニー在住時にオーストラリア人相手に聞き取り難いな、と思って出身を聞くと他州の出身と言う事が良くありました。

私達が習う英語=日本で習う英語と言う意味なら標準語ではありません。アメリカ英語、米語です。世界の標準語的な英語はイギリス英語英語です。イギリス英語でもBBCアクセントが標準語に近いと言われているようです。

オーストラリア英語はロンドンのコクニー訛りがベースではありますけど、今はそんなコテコテな訛りの人の方が少ないです。移民もかなり増えましたから。

単語はイギリス英語が基準なので、アメリカ人等米語の人には通じないと言う事がたまにあったりします。大抵は文脈で分かるようですけど。