共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数3

投稿日時:2016/1/6 11:56


ラオスの地元民の市場で、スイカを買いました。店のおばさんが、スイカを何個かたたいて、これがおすすめ、というので、信じて買いましたが、後でスイカを切ったら、真っ白(少し赤い部分もありました)で、全く食えないものでした。店の人は、どれが美味しいスイカとか、わかっているのでしょうか。故意に、言葉が解らない外国人には、不良品を売るのでしょうか。ちなみに前日に他の店で買ったスイカは、同じ値段で、とても赤くて甘くておいしかったです。このようなことは、何度か以前にも経験していて故意なのかどうか気になっています。
回答投稿日時:2016/1/6 15:01
悪気はなかったんだと思います。叩いた音や重みだけでは熟し具合が分からないこともあるのです。

日本でも叩いた音や重みだけでは間違いが多いため、最近では出荷前に光センサーシステムを使って糖度を測定しているそうです。

買った真っ白のスイカを市場に持っていって見せれば別のと取り替えてくれたはずですよ。私は自己責任で自分で選んで買うことが多いですが、自信がないときには半分に切ってあるのを買うようにしています。
回答投稿日時:2016/1/6 15:16
人に頼るのが間違っている。頭があるのなら、自分で確認をするべきだ。
余程の馬鹿でない限り叩いている音で、だいたいわかるはず。
私はベトナムで、数え切れないほどスイカを買ったことがあるが、自分で叩いてみて、これなら大丈夫と判断して買った物で、おいしくなかったことなど1度もない。
回答投稿日時:2016/1/6 15:49
店のオバサンは、貴方にソックリなスイカを選んでくれただけです。