大切なお知らせ

TripQは2020年2月末にサービスを終了します。
詳細はこちらをご覧ください。
https://note.com/yahoo_travel/n/n582117f43b1a

共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数7

投稿日時:2015/12/9 20:26


アメリカとか土足で家に上がるじゃないですか。。。
疑問なんですけど、

雨とか降って靴よごれてもフツーに家に入るという事ですか??
ベッドとかソファーとかカーペットもくつのまま?? てか外から来た靴で歩いた床を赤ちゃんはいはいするってことですか?

だとしたら、家の中汚くないですか?家の中スリッパないんですかね。。。
どーでもいいけどなんか疑問だったんで・・・
回答投稿日時:2015/12/9 20:30
そういう世界の赤ちゃんはベビーベッドでしょ。
もしくはそれ用のスペースを確保。。。
うろちょろするなら歩行器じゃない?

ベッド靴のままって、もちろん寝るときは脱ぎますよー。
シャワーの後とかはスリッパみたいな簡単な履物ありますけどね。
回答投稿日時:2015/12/9 20:32
ね、きたないですよね。
TV見てても玄関で念入りに靴底拭くとかいうシーン見たことないですし。
靴はいたままベッドにダイブしているシーンはよく見ますね。


もし犬や猫の落し物を踏んだ日には・・・。

めっちゃ掃除機の吸引力強いみたいですけど、そういう問題じゃないし。
宗教同様理解できない文化です。
回答投稿日時:2015/12/9 20:48
何故か日本ではあまり知られていないのですが、アメリカには
玄関ドアの手前に大抵「玄関マット」があって、そこで靴の
裏のごみを取ったり、汚れを落としてから家に入ります。

その「玄関マット」の習慣をちょっと誤解して、形だけ習慣
と言うかファッションとして取り込んだのが、日本の玄関の
上り口に置く、機能的にはほとんど意味のない「玄関マット」
です。

最近は、靴を履きかえる家もありますが、基本はこのスタイル
です。
回答投稿日時:2015/12/9 20:48
彼らはそうしたことは気にならないようです。ベッドの上だって靴はいたままでも平気です。

ハワイなどでよく見る光景ですが、街中を裸足で歩いてる白人多いです。汚い以前にコンクリや砂浜の上は熱くないのかと思ってしまいます。そして何と驚くことに、彼らは素足のまま平気で公衆トイレにも入ります。そのままベッドで寝たりもするのでしょうが、日本人にはまったく理解できない感覚です。

小さいときから土足文化で育ってるので、汚いとかそういったことはまったく意識しないのだと思います。

>外から来た靴で歩いた床を赤ちゃんはいはいするってことですか?

菌に対して免疫ができてるんでしょうね。

日本でもペットを飼っている家の子供は、飼ってない家の子に比べて病気になりにくいそうです。
回答投稿日時:2015/12/9 20:52
偏見とまでは言いませんが、日本のように土足厳禁で上履きを使う家庭は結構あります。(特に都市部のマンション暮らしとか)

わたしもそのような先入観を持って現地のアメリカ人宅を訪れたときに恥じをかきました。
先方は何もおっしゃらなかったので、玄関の下足箱を見逃し、訪問してから約1時間後に自分で気がつきました。
回答投稿日時:2015/12/10 19:38
家の中スリッパの人も、裸足の人もいます。
でも根本的に日本の家の作り、生活様式が違うのだと思って下さい。
大体の家は家の中から靴を履いたまま、外に出ずにガレージへ行って車に乗り込めます。
車をアスファルト舗装の駐車場止め、オフィスやスーパーに行きます。
帰りはまた家のガレージに車を入れ、そのまま部屋の中に入ります。
この状態で土の上を歩いたり、動物のフン踏んだりする場面に出くわしません。
多少雨で濡れる事は有っても、靴が濡れたらその靴のまま家の中は歩きません。
誰だって濡れた靴を履いたままでは我慢できませんから。
赤ちゃんですが、日本のようにどこでもハイハイはさせません。
リビングで赤ちゃんは遊ばせません。
赤ちゃんは自分の部屋があり、ハイハイはその中だけです。
家族と一緒に過ごす時は、バシネットと言う簡単に折り畳みが出来るベッドような物に入り、その中で遊びます。
アメリカの家でお客さんがいつ来てもいいように綺麗にしてあるので、その辺に子供のおもちゃが転がっている日本の家とは違います。
床に座ったり、寝転がる生活様式では無いので、靴を履いたままでいいのですよ。
水虫、脂足の家族がいれば靴の生活の方が清潔に感じるかもしれないですね。
回答投稿日時:2015/12/10 21:52
>雨とか降って靴よごれてもフツーに家に入るという事ですか??
ベッドとかソファーとかカーペットもくつのまま??
てか外から来た靴で歩いた床を赤ちゃんはいはいするってことですか?

基本そうです、家の中はどこでも靴のままです。
そのためベッドにはベッドカバーがあり、靴のままベッド(カバー)の上に寝そべってくつろいだりします。
夜眠るときは靴を脱いで布団に入ります。
お風呂も服を脱ぐ時に靴を脱ぎます。
部屋履きを使う人もいますが、スリッパというより室内専用の靴というところでしょうか。
最近ではクロックス的な履物も重宝されています。
スリッパはあまり使わずあまり売っておらず、意外ですが日本の方がスリッパは普及しています。

大抵の家の玄関ドアの外側にはマットが置かれ、靴の裏をよくぬぐってから家に入ります。
日本と違い湿気が少なく乾燥しているので靴の裏も汚れにくいことも確かです。
欧米でも家の中が汚れないからと靴を脱ぐ家庭もありますが、文化・習慣としては日本ほど外と中との区別がありません。
日本人が玄関で靴を脱がずに家に上ることに抵抗があるように欧米では風呂と寝る時以外で靴を脱ぐことに抵抗を感じる文化というのでしょうか。
なのでリラックスした関係の家族が暮らす家なら靴を縫いでも、家以外では靴を脱ぐことや脱がれることを嫌います。
オフィスで高い所の物を取る時に椅子の上に靴のまま乗り、取り終えたらそのまま座ります。
欧米ではペットを家の中で飼いますがあれは家の中が土足だからです。
ペットは外で飼うものだった日本も今では人間と同じ家の中で飼い、散歩から帰ったワンちゃんの足を拭いてから部屋に入れるようですがもともとは海外を真似たものです。
ハイハイする赤ちゃん用にマットを敷いたりしますがマットから出てハイハイしても平気ですし、そのマットを親が靴のままで踏んだり歩くこともあるけれどさしたる問題ではないようです。
英国人と結婚し英国在住の身内を尋ねた時に(靴は脱ぐ家庭)リビングのラグマットの上に裸足で座っていたら、訪ねてきた英国人夫婦が私の座るそばのソファに腰掛け、奥さんは靴のままラグの上、旦那さんにいたってはソファの背もたれの上に腰かけて座面に靴の履いた足を乗せていましたが、気の置けない友人なので顰蹙をかう行為ではないそうな。
身内に聞いたところ靴を脱ぐ習慣のない彼らに靴を脱げといっても脱ぐポイントが分からないようで、家の前の道路で脱いだり(道路から芝生を数メートル歩いて玄関ドア)芝生の上で脱いだり(そのうち雨が降ってきたり!)と訳のわからないことになるので家族以外は好きなようにしてもらってるとのことです。
英国人のダンナにしても普段は靴を脱ぐのに、外出して忘れ物をしたと戻ってきたら靴のままで2階へ上がるし、日本人なら「上も下もないのか!」と言いたくなるところですが、「ない」文化だからないんでしょうね(笑)
この家でたくさんの人が集まったパーティーでは絨毯の上に靴を履いた人脱いだ人が仲良く会話しているという奇妙な感じになります。
ちなみに靴を脱がないので日本の玄関のように下駄箱やシュークローゼットがない、日本では玄関の内側で靴を脱ぎ履きするスペースと置くスペースが必要なので玄関ドアは外に開きますが、欧米ではシュークロゼットがなく玄関ドアは内側に開きます。(防犯上でもあるのですが)