共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数5

投稿日時:2015/9/7 1:07


文化遺産の日にパリに行きます。この日は、多くの美術館で入場料が無料になるという情報を仕入れたのですが、そうなると、
パリミュージアムパスは購入は必要ないでしょうか?
回答投稿日時:2015/9/7 22:56
ルーブルやオルセー美術館は文化遺産の日でも無料ではないです。
このページに無料になる施設のリストが見られます。

http://www.sortiraparis.com/arts-culture/balades/guides/54048-les-journees-du-patrimoine-2015-a-paris-et-en-ile-de-france
回答投稿日時:2015/9/7 3:58
ただ、この日は並ぶんですよ。前の回答者さんが書いておられるように、普段一般では入れない場所を見に行くならともかく、美術館なら普通の日に普通に見学に行く方が楽に見られます。とりわけ夜間開館している曜日を選んで夕方から行くのがお勧めです。ルーヴル美術館に夕方の6時過ぎから行きましたけれど、モナリザの前ですらガラガラでした。
回答投稿日時:2015/9/7 3:37
そうですね。ミュージアムパスは見せる必要はありませんよ。
以前パリにいた時に滞在期間中に無料の日があり、その日は見せる必要はありませんでした。ただ、パスを持っていることで優先して美術館に入ることもできた施設もありました。
回答投稿日時:2015/9/7 3:36
美術館を巡るのが文化遺産の日だけなら必要ないかな。
ただし有料のトコもあるんで、お財布は忘れずに。
内容詳細は↓のpdfを参照(イルドフランス版@仏語)。ユーロマークが有料、VLがVisiteLibreで無料。

http://journeesdupatrimoine.culturecommunication.gouv.fr/content/download/109380/1269441/version/1/file/JEP+2015+-+Ile-de-France.pdf


私も折角だったらこの日にしか開放されないトコ(鍵マークouverture exceptionnelleが付いてるヤツ)へ行った方がいいと思うんだけどねー。普段から観光客の多い施設は無料開放日にゃ輪をかけて混雑するし、普段立ち入れないようなトコは混むので、どこへ行くにしてもお財布等貴重品には気を付けてください。
回答投稿日時:2015/9/7 2:31
毎年9月の第3週目の週末は、「ヨーロッパ文化遺産の日」で美術館や博物館は無料開放されます。
特徴として一般非公開とされている、フランスの大統領官邸「エリゼ宮」や、「国会議事堂(Assemblée Nationale)」、「海軍省(Hotel de la Marine)」など、歴史的建造物が無料で一般公開されます。

美術館や博物館等も無料で開放されますからパスを購入する必要はありませんが、普段有料でも見学出来るところよりは、一般非公開の場所に行くことをオススメします。
エリゼ宮は、毎年一番人気なので、朝一番で行ってください。人気の高いところは数時間並ぶこともあるので、予定を立てて効率よく回るとよいでしょう。