共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数2

投稿日時:2012/9/16 7:49


中国・成都治安 今は反日デモで治安は悪いですが、元々はどうでしたか?

パンダ研究所へ行きたいと思ってますが。
回答投稿日時:2012/9/16 8:14
成都は、東京以上の大都会です。
良く、反日デモが起こるようですが。

普通のツアーとか、旅行代理店を通しての旅でしたら安全は確保されると思います。

パンダ研究所。
良いですよ!!
但し。朝、開園と共に入場しましょう!
午後行くとパンダは寝ています。
午前、子パンダが10頭以上遊んでいる光景は、可愛くて時間の経つのも忘れますよ!
一度、午後に行きましたが、檻の中でした。
でも、上野で見るのとは違い、至近距離で見られます。
又、私はツアー代金に含まれていましたが、パンダとツーショットで記念撮影が出来ます。
幾らなんでしょうか?
一生の記念です。

気を付けて行ってらっしゃい。

本心はこの時期に 中国へ?
非国民!と言いたいのですが...!
回答投稿日時:2012/9/16 15:55
成都です。基本的には海外における注意事項を守ればいいです。成都は基本的治安に関しては中国内でもいいところです(中国の治安は世界的には上位です)。

さて、今回の成都での件ですが次のように考えることができます。

1.反日デモ
反日デモ自体の規模は過去最大級となりました。しかし、事前からの当局の対応により(大量の公安部隊の事前配備なやデモ行列の分断化)、デモ自体は暴力行為を伴うことなく平穏に終わりました。2005年や10年の時とは異なります。従って、午後にはデモの目標であったイトーヨーカドー春熙店や成都伊勢丹は開店しました(午前は休業)。

2.日系コンビニへの暴力行為
これは今回が初めてです。従来の暴力行為は、デモ自体がイトーヨーカドー春熙店前に至り、この一部参加者から行われました。日系コンビニへの暴力行為はデモ参加が呼びかけられた16日ではなく、前日の14日夜・15日に発生しています。それも1店ではなく、セブンイレブンとファミリーマートの10店舗以上が被害に遭いました。レジが破壊されたり棚がひっくり返されたりし、一部の商品が略奪されています。明らかに、今までとは違う事態で、「愛国無罪」に名をよせた集団の仕業と考えます。16日のデモ参加者とは違うと考えます。これ以上のことはいえませんが、その行為は何らかの意図的行為であり背後関係があると考えます。従って、これを単なる反日行為として一般化するのではなく、特異な事象として考えるべきです。

元々成都は人心の穏やかなところで、住みやすいところです。多くの市民は暴力行為には反対です。ただ、今回の件では中国の主張が市民にも行き渡っていますから、それに反する主張をすると反感を買うでしょう。それと、一部ですが日本人へのタクシーの乗車拒否が見られます。元々タクシーは需要が高くなかなか捕まりませんから、市バス利用の方がいいかもしれません。