共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数6

投稿日時:2010/8/31 1:17


パリのホテルでの枕銭 ガイドブックに不要と書いてあったんですが,そうなんですか?

イタリアでは,枕銭を置いていたんですが,フランスでは,同じ欧州でも,文化が違うのですか?
回答投稿日時:2010/8/31 2:11
ピローマネーは「気持ち」です。
掃除が行き届いていて快適に過ごせたのであれば、感謝の気持ちとして置いて帰れば良いのでは?

イタリアやフランスはチップ制度が薄れている(お会計にサービス料金が含まれている)ので、連泊の時など部屋に帰るとチップが手つかずの時が結構ありましたね。

わたしはよほど部屋が不快でない限りは置くようにしています。
回答投稿日時:2010/8/31 5:01
必須ではないでしょうけど…

忘れ物が出て来る率があがったり仕事が丁寧
だったりしますので私は置いてます。

ある意味、保険ですね。
回答投稿日時:2010/8/31 4:11
基本、要りまへん。

こういう掃除人は、最近ホテルでは直庸の人は稀でんな。
下請け契約でやってるんで、部屋から物が無くなるんことが重なると、契約を切られるだけでんな。
掃除なん、誰でも出来る、誰でもやりたい仕事やから。
移民が多いんでっせ?

それに部屋の掃除は、サービスとちゃいます。
当たり前の「装備の一つ」でんな。
チップ置くんは日本人くらいのものです。

その代り、シャトルバスの荷扱いなんかに良くチップあげてますな。
これにチップあげる日本人は少ないです。
感覚がズレとりまんな。
回答投稿日時:2010/8/31 2:31
置かないと言う人も最近はいらっしゃるようですが、物がなくなる可能性が高くなると家人がいうので、我が家の旅行時は必ず100円から200円程度の現地通貨を置いています。
回答投稿日時:2010/8/31 2:12
現在のヨーロッパのホテルのメイドさん、掃除人は全部外国人です。フィリピン人初めEU国籍以外の人達とEU国籍で、ポーランド、ルーマニア、ブルガリア、モルダバなどの旧東ヨロッパの人達がやっています。


もちろん、ユーロを貯金していたり、自分の国の家族に送金しています。


枕銭を置かないならばメイドさんと廊下や部屋で出会ったらチップをあげるのが普通です。


嫌なら置かなくてもいいですが、置いた方がいいと考えます。


置かないと部屋からいろいろなものがなくなるからです。

スカーフ、アクセサリー、口紅、香水、タイツ、など小物が消えていきます。


男性で電気剃刀がなくなった人もいます。


チップが不要な国は『日本だけ』です。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1446056764
回答投稿日時:2010/8/31 2:03
日本以外の海外に行った時は、どこであろうと
少々枕銭を置く事にしています。
メイドさんは安い給料で働いているので、
いわば心遣いみたいなもんです。
感謝の気持ちだから、ガイドブックにあるから置かなくていい、
とかいう問題かな、と私は思いますが。。。