共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数14

投稿日時:2017/9/15 4:11


海外の食品スーパーに行くと
ビックリ!するくらい
多品種で大量なんだけど・・・

1億2千万人
住んでる日本のスーパー
なんで
あんなに少品種で少量なんですか???
回答投稿日時:2017/9/15 4:21
核家族化や高齢化が進んでいるし住んでる地区も分散化してるし、日本人の食事の量や運送コストや需要と供給を考えるとやはり、ニーズが無いからではないかと考えますが如何でしょうか…。
回答投稿日時:2017/9/15 4:49
>海外の食品スーパーに行くと・・・

アメリカの例でしょうか?

世界各国スーパーの状況は違いますので一概に海外では大きい、日本は小さいではないように思います。
例えばイタリアでは日本のコンビニ程度の大きさのスーパーが多いですし、他のヨーロッパ諸国は日本と同じように大型スーパーから小規模スーパーまで色々あります。普段の買い物はご近所で、週末は郊外の大型スーパーに行くのが日本と同じように一般的です。
アメリカに超大型スーパーが多いにはやはり車社会である事と土地が広い事、まとめ買いの習慣があることなどではないでしょうか?陳列方法も大雑把で通路を多くとるのでどうしても大型店舗で大量の陳列になるようにも思います。
海外旅行に行くとスーパーで買い物をするのが楽しみの一つですが、マンハッタンで大型スーパーを見つけるのは東京と同様とても難しいです。
回答投稿日時:2017/9/15 5:37
よっぽど田舎に住んでるのね。
回答投稿日時:2017/9/15 8:11
多品種って例えばドイツならソーセージの種類だったり、アメリカならベーコンの種類とかですか?
それなら日本のスーパーは鮮魚、魚貝類、海藻の品数はどの国よりも多いですよ。
国により一番需要のある物がおいてあるだけです。

日本人もチーズやお肉を食べますが、毎日チーズの献立を作らないですし。
そもそも一般の日本人は買いだめできるほど冷蔵庫やパントリーが大きくないですし、気温や湿度の関係上直ぐ悪くなったりもしますので、使い切れないのが現状じゃないですか。
回答投稿日時:2017/9/15 8:41
色んな人種が住んでいる地域では、食材も色々そろえる必要があるのでしょう。

アメリカのスーパーは確かにデカイですよね。土地が広大だからスーパーの店舗面積も広く取れるのでしょう。
回答投稿日時:2017/9/15 10:27
日本の場合は多品種少量で、できるだけ多くの消費者の多様なニーズに対応しようとしている。とはいえできるだけ絞り込みたいとは思っている。

欧米の巨大なチェーンストアはPBが発達しているので、消費者ニーズの最大公約数を商品化して、いわばこれを買え、これ以外は無い、という感じです。
例えばイオンのトップバリュなどはそれに近いものです。

売りたいものがはっきりしているか、ぼやけているかいう違いです。
回答投稿日時:2017/9/15 10:57
食品の賞味期限もあるのでは、と思います。
日本の食品は短く、海外のスーパーで商品を見ると、
ものすごく長いので、大丈夫かな、何か薬でも入ってるのかな、
なんて考えてしまいます。
回答投稿日時:2017/9/15 10:57
日本のスーパーはその地域でよく売れる物を置いているのでしょう。
多品種を置いても売れなければ廃棄処分。
ビックリするくらい納豆の種類が多かったりするのは日本です。
それだけ日本人は納豆を食べると言う事でしょう。

それとスーパーで置けない商品はデパ地下がカバーしてます。
チーズ、ハム等毎日食べない物はデパ地下です。

アメリカではデパートでは食品を扱わないので、
スーパーでほぼ全部揃うようになってるのでは?
回答投稿日時:2017/9/15 11:16
皆さんと同じなんですが、アメリカのスーパーに限っていえば「各個人のニーズに応えようとする」姿勢が商品の種類に表れているというか。日本だったらそこまでしないことでもアメリカは頑張ってる印象があります。ハムやチーズの種類が多いのはよく食べるから。ということですが、ヨーグルトや牛乳などの乳製品、マヨネーズやサラダドレッシングもそうですが、基本の種類の他に必ず低脂肪や無脂肪のものがあったり、オーガニックがあったり、パスタなんかでも全粒粉とかグルテンフリーとか、とにかくなんでこんなに頑張るんだろ~ってくらい、同じ商品の中でも違うバージョンを置いてるんで、必然的に品数が多くなるのだと思います。
またチョコレートでもノンシュガーとか、ノンシュガーにしてまで食べたいか?ってよく思ってました。日本だったら糖尿病だったらチョコは我慢しようね。で終わりじゃないですか?もちろん他にもダークチョコが80%、70%、60%、ミルクチョコ、セミスイート、ホワイトなどなど多種多様にわたるんです。

日本ですごいのは贈答用のお菓子類ですよ~~
回答投稿日時:2017/9/15 13:09
単に必要ないからかと。

他の方への返答でトピ主さんが
デリカテッセンの写真を添付していますが
そもそも日本人のチーズやソーセージ/ハム消費率って
さほど高くありません。
ですからその規模のチーズやハム/ソーセージ売り場を
完備したところで大して売れません。
むしろ個人的に日本はチーズの種類を増やすより先に
チーズへの関税を早く無くして欲しい・・・
回答投稿日時:2017/9/15 15:10
経済大国日本として自慢たらたらの割には低身長.この訳は.ケチ.少しで大勢に分けるのに小さい量にする。

兎に角せこいからです。同じの量を日本では100人前に分けるが.アメリカでは25人分しかなりません。
如何にケチな国民かが良く判る。

外国建物の3階建ての高さは18メーター.日本では5階建てにします。
これケチから来ているんです。国民性が貧乏ですね。

これでは経済大国ではなく乞食ですね。
回答投稿日時:2017/9/15 17:41
場所によります

貧乏人が多い地区のスーパーだと、魚というば、鮭・・・それもチリ産のだけ

豆腐も3個で100円とか。 男前豆腐を置いたところで貧乏人は買わない

だから、貧乏な地区は、食材が貧弱、美味しいものを置いて売れずに廃棄になるから、結局、品数が少ない

アメリカも同様

金持ちが多く住んでる地区のスーパーは有機野菜とか、素敵な物がある

ロンドンでも移民地区は、スーパー内にインドコーナー、中国食材コーナー、イスラム食材

スーパーの品物は、その地区を表してるんですね~

スペインの壁一面に あの骨付きハムがぶら下がってるのって、素晴らしいね~~

フランスのスーパーのチーズ、牡蠣、クッキー、ヨーグルト・・・あ~好きだ。
回答投稿日時:2017/9/15 18:38
なんじゃこりゃ?って品揃えの海外のスーパーだってあるよ。
で、イオンもあるんで行ったら「やっぱイオンすげー」って思った。
回答投稿日時:2017/9/20 1:04
hanna_1202さんに一票。
缶詰も箱物も量が少ないだけで種類はそこそこ
あるのではないですか?陳列できる場が
限られると、置けるものの大きさや
カートのサイズなどどうしても限られますよね。
湿気も多い国だから痛むのも早いし。
日本だと割と毎日お買い物、って普通ですが
こちらだと週に一度のまとめ買いです。

日本の魚介類はものすごく種類が豊富ですよ。
私が住んでいる所は内陸の州なので
海鮮類に至っては寂しい限りです。
肉やチーズは確かに種類が多いですけれど
(そしてチーズは5-6種類常備していますが)
日本じゃチーズを使ったオーブン料理も
ほとんどしないですし、冷蔵庫も小さいので
同じ量のものは保存できないです。