共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数6

投稿日時:2017/8/26 13:00


阪急交通社のトルコ周遊9日間ツアー阪急交通社のトルコ周遊ツアーに、今年の9月に参加するのですが、いかれたことがあるかたに聞きます、

トルコ旅行について、もっていくとよいもの、楽しかった、良かった思い出、9月の気候にあった服装、などなど

なんでもよいので、教えてくださるとうれしいです。

よろしくお願いします。
回答投稿日時:2017/8/26 20:15
雨が少ないイメージがありますが
カッパドキアからパムッカレに行く途中
突然の雷雨そして雹が降ってきたことがあります。

一応,傘を持参するといいと思います。

9月なので
肌の露出の多い服装はしないと思いますが
モスクは男性でも短パンはよくないようです。
ひざが隠れるものの方がいいですね。

礼拝を知らせるエザーン の大音響が
聞こえることもありますので
最初はびっくりするかもしれません。
滞在中に慣れるでしょう。
回答投稿日時:2017/8/26 18:45
ガイドの収入は、お客さんの売り上げです。 よって、猛烈に売り込みます

ですから・・・

ガイドの紹介する店は、ボッタクリ価格なので、買わないほうがいい

土産は、ホテルの近くの商店街とか、スーパーがあると思うので、そこで買うと良い。 蜂蜜の塊とか、アーモンドとかお菓子が激安です。 日本人が泊まるホテルの傍の店は、大抵遅くまで開いてます。 ホテルのフロントはわざとスーパーの場所とか教えてくれないから、現地の人に聞くとよい。

トルコ石、革のコートやジャケット、絨毯、オリーブの化粧品、陶器、ホテル内レストランのビール・・・ハゲタカ価格です。

食事は残念ながら、種類が寂しいですから、何か日本からおやつでも持参しないと夜中にお腹がすくかもしれません。 25年前、行った時は、スーツケース内はペヤングソース焼きそば、3年前行った時は、お煎餅とか

トルコのお菓子は甘いから、渋い日本茶とかいいですね
回答投稿日時:2017/8/26 18:11
特別なものは必要ないと思います。服装も日本と同じようなものでいいと思います。

仕事で行くことが多いので、結構、交渉がタフな人が多く、ブラフも平気な人たちです。買い物とかは慎重さが必要です。
回答投稿日時:2017/8/26 17:36
ご旅行前にネガティブなイメージになるかもしれませんが……


トルコ観光地では【日本人はお金】とトルコ語の隠語で話されています。【日本人はすぐに騙す事ができる】と話されています。


他の方が仰るように、トルコ石はトルコで採取されておりません。


絨毯店でセールスマンが話すことは%80はデタラメです。ちなみに、日本人は無意識に【現地で買えば日本よりは絶対安いはず】と無意識に思いがちですが、彼らは日本での売値を良く知っています。


夏は、日中は焦げるように暑いのですが、夜間は気温が下がります。冬着でなくとも直ぐに羽織うものをお持ちいただいた方が良いかと。レストラン・カフェでは大体ブランケットが有りますが。
回答投稿日時:2017/8/26 17:18
10月に行きました。
記憶では、東京と変わらない気候だったと思います。
もっとも、気候なんて、その年によって変わります。
9月だと暑い日もあれば涼しい日もあると思います。
特に、カッパドキアで熱気球を考えているのであれば、朝が早いのでそれなりに暖かい服装を用意した方が良いです。

当然ですが、海外のホテルに浴衣はありません。
パジャマを忘れずに。
朝食は概ね美味しい。
特に、蜂蜜が美味しかった。
回答投稿日時:2017/8/26 16:07
トルコに限りませんが,
双眼鏡とオペラグラスが在れば良いと思います。
双眼鏡は,各観光地もバスの中から見える風景も美しいからです。
夜はチャンと寝ましょう。
バスから見える風景が美しい所が沢山あります。
オペラグラスは,たとえば大寺院の天井などの風景より近い物を見る時に便利です。
残念なことに共用は出来ません。

ついでに,トルコ石はトルコでは取れません。
絨毯をもし買うのなら日本で勉強しておきましょう。
上手い日本語を話す販売員がいる工場の見学が必ず組み込まれています。