共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数3

投稿日時:2016/7/10 17:42


フランスのレンヌ→スペインバルセロナ(2日ほど)→マドリッド(3日ほど)→ドイツフランクフルトと移動したいのですが、レンヌ→バルセロナ
バルセロナ→マドリッド
マドリッド→フランクフルト
とすべて格安航空で予約しても大丈夫でしょうか?
他の手段は電車とバスですが、遅延などのリスクや料金のことを考えるとどうですか?
回答投稿日時:2016/7/10 23:11
レンヌから何度か格安航空でニースやイギリスに行ったことがありますが、一度も遅延はありませんでした。確かに格安航空会社の方がトラブルは多いですし、何か起きた時の応対についてもあまり信用はできません。しかしどんなに大きな航空会社であってもトラブルはありますし、特にフランスはストがしょっちゅうあるので、移動を繰り返せば繰り返すほど、そのリスクは高くなります。

例えば乗り継ぎ時間を十分に取っておくとか、貴重品は預けない、荷物の名札に名前と次に滞在する場所の電話番号やメアドなどを記載して置くなど、トラブルに巻き込まれてもリスクを最小限にすることが大切です。
回答投稿日時:2016/7/11 17:37
「大丈夫?」の意味不明ですが、欧州内でLCCを除外してしまったら限られますね。LCCで大幅な遅れやキャンセルに遭遇した事もありますが、普通のレガシーキャリアでも数多くあるので確率を考えてもLCCが高いとは感じていません。
LCC同士の乗り継ぎや日本に帰る便との乗り継ぎはやめた方が良いと思いますが、今回の場合には無いですよね?
また、何かあった場合に他の飛行機への振り替えもホテルの手配も全てご自分で行う必要がありますのでその辺は覚悟しておく事だと思いますが、今はスマホで飛行機もホテルもその場で予約出来る時代ですから心配無用と思います。

LCCを使うと言う事は基本預け入れ荷物は無しだと思いますが荷物を預けるのであれば今はレガシーキャリアでも大差ないです(各大手の子会社含めてLCC並みの価格で乗れますから)。

電車も時間はかかりますが良いと思いますよ(罰金だけ気を付ける)・・・
スペイン・フランス・ドイツは国をまたいで切符が買えるので便利です。

フランスもドイツもストライキ先進国ですが、最近のフランスのストは航空会社だけではないので心配しても仕方ないと言うか、逆にエールフランスは避けた方が良いかも?(エールフランス避けると欧州内便は厳しいですけど)。
回答投稿日時:2016/7/15 0:14
大手キャリアであろうとLCCであろうと一定の確率で必ずトラブルには遭遇します。さらにLCCは少ない機材・人員でタイトなスケジュールで運航しているのですから、より高い確率でトラブルに遭遇すると考えるのが自然です。ですから、大丈夫ですかと聞かれて無責任に大丈夫ですとは言えません。

ただ、トラブルが起こることが前提でそのダメージを少なくするような方策を取れば利用価値が全くないとは言えないと私は思います。以下は私の気を付けていることですが、これをやってもトラブルが完全に防げるわけではありませんので自己責任でご参考まで。

まず、聞いたこともない市街地から遠い専用空港を利用したり、大手の便ではあり得ないくらいの深夜早朝につくような便は絶対に利用しません。

またLCCをからめた乗継も絶対にしません。そしてLCCを利用する際には、到着地で連泊するようなプランを組みます。そうすれば、何かのトラブルで飛行機が飛ばず翌日の便に乗ることになってしまい一日到着が遅れても、それほど慌てません。

常に「この便が飛ばなかったら」という想定をしてバックアッププランを考えておきます。

こうやって選んでいくと、大手に比べて異常に安い値段にはなりません。ですが身の安全には適正なコストというものがあると私は思っています。

ブエリングは路線網も充実しているし便数も多いし使い勝手が良いのできっと候補に入っていると思います。バルセロナの空港ではブエリングのカウンターが一番活況ですごい行列です。ブエリングは私は比較的安心して使っている航空会社の一つです。ですが何度も申しますが一定の確率でトラブルには遭います。

私も若い頃は価格を重視しすぎ、LCCを多用して失敗した経験もあります。例えば機材故障で出発が翌日になってしまったこともありましたし、LCCで乗継ぎを予定していたところ出発便が遅れ、乗継に失敗したこともあります。

そんな失敗を経て、自分に合ったLCCの使い方がわかったというか、ほどほどに利用するというところに落ち着きました。

安全で楽しい旅をなさって下さいね。