共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数8

投稿日時:2016/6/18 18:27


東南アジア周遊に行くのですが海外旅行保険はクレジットカード付帯のもので平気ですか?
回答投稿日時:2016/6/18 18:34
平気かどうかは、ご質問者が、どこまでの事故を想定しているかどうか?によりますよ。

クレジットカード附帯の保険の補償額は200万円前後です。(御質問者のカードの限度額はわかりませんが)

海外で意識不明となり、寝たきりで日本へ帰国するとなると500万円以上かかります。

となると、カードの附帯保険だけでは足りませんね。
回答投稿日時:2016/6/18 19:01
クレジットカードの付帯の海外旅行保険は疾病死亡は対象外、賠償責任に示談サービスは無し、医療費補償がゴールドでも300万円程度しか付いて居ません、物価の安い国でも手術や入院、先端医療や日本や第三国へ医療サポート付の移送が必要な時には十分では無いと言われ、オプションで医療費補償を増額するか別途海外旅行保険へ入る事が推奨されています。海外旅行保険は大半の人は加入しても利用せずに無事に帰国してますが、中には医療費ダケで数千万円掛かった人も、医療費で数千万円は極めて稀かもしれませんが、ココで確率の話をしても、アナタが必要な時に必要な保険に入ってなければ意味がありません、その為の保険です。因みにセットで販売されている海外旅行保険の医療費補償は1,000万円~無制限です。
回答投稿日時:2016/6/18 19:04
クレジットカードによって、補償額・条件・内容が違うのでなんとも言えません。
ただ、海外旅行傷害保険付きのクレジットカードを複数枚持っていれば、疾病死亡・後遺障害以外は、補償額が合算されますので、複数枚持つ作戦はありだと思います。

http://fra.blog.so-net.ne.jp/2014-05-02
回答投稿日時:2016/6/19 0:02
私はクレカ付帯のが2000万円くらいまで保証ありなので、別途保険をかけたことは一度もありません。実際には食中毒で半日入院(カード会社が払ったので料金不明)、歯の詰物を入れなおし(バンコクで虫歯チョイ削り+詰めなおしで2000バーツ、ベトナムで詰めなおし20万ドン)しか使ったことないです。
回答投稿日時:2016/6/19 16:13
クレジットカード付帯の保険は、クレジット会社によって制約が異なります。
ご自身の加入されているクレジットカードの補償内容を確認してください。
また、数多くのクレジットカードに加入していてもそれ等の保険料を合算することはできません。

また、健康保険に加入していると帰国後にその請求もできます。(必要書類を事前にコピーして行ってその治療内容等を記載して貰う必要があります。)

私達の海外旅行(世界中を旅行)の平均は14.4日/1回ですが、クレジットカード付帯保険+健康保険だけです。
回答投稿日時:2016/6/19 23:14
平気かどうかは本人の判断次第。私はクレカの付帯保険のみでいつも旅行している。こういう質問があると、万が一の時に不足になるから入っていたほうがいいという回答があると、こいつは保険会社の回し者かと思ってしまう。
回答投稿日時:2016/6/20 0:06
>こいつは保険会社の回し者かと思ってしまう

ゴールドやプラチナのカードならともかく、普通のカードでは支払いに困る場合があるので言ってくれているだけですよ?

そもそも、質問者が所持しているカードに付いている保険の補償額の明細を書いていれば良いだけの問題です。

更に言えば、十分な額の保険を掛ける金もない貧乏人が、見栄を張って海外に行く必要はありません。

そして、どうして保険を掛けていくのか?という一番の理由として、自分のためではなく家族のためですよ。

海外に行って死んだとして、その死体を持って帰る遺族の身になれば当然でしょう。
身内が死んだというだけでも辛いのに、その死体の高額な運搬料を支払う遺族の身になって考えるべきでしょうね。

死んだ後に身内に精神的、経済的にも負担を強いるなんて外道です(笑)

何か反論ができますかね?(爆笑)
回答投稿日時:2016/6/20 12:39
保険は、その人の考え方次第ですので、何とも言えません。
さすがに無保険は一抹の不安がよぎりますが、クレジットカード付帯の保険があれば、必要最低限は保障されるかと思います。
健康体で、観光旅行程度で、十分に注意されるなら、保険のお世話になることも早々無いでしょう。
予防接種や高額保障など、追い求めたらキリがありません。どこで折り合いをつけるかは、貴方次第です。