共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数5

投稿日時:2015/4/24 7:44


香港と広州とではどちらが広東料理の本場ですか?ご飯食べるならどっちがいいですか?
回答投稿日時:2015/4/24 8:29
本当の広東料理って?私は思います。
数多く広東の家庭料理は食べましたが、正直日本人にはあわないと思います。
味付けや、食材など。

ただ、観光客相手の店なら、香港の方がおいしいと私は思います。
値段は高いですが。

お勧めは、海鮮で、店先で生け簀の魚介類を、焼くのか?煮るのか?蒸すのか?調理法を指定して、注文できる店です。
回答投稿日時:2015/4/24 8:33
本家本物とはもちろん広州です。広東省の省都であり、1000年以上の歴史ある都市です。広東料理の4大酒家も広州にあります。

しかしその後香港がイギリス領となってから、広東省を中心に中国本土の多くの人々が様々な理由で移住しました。香港の有名なレストランのいくつかは元々は広州が発祥の地で、後に移転してきたり、支店として進出してきたという店も少なくありません。

香港が経済的に発展したのちは食を楽しむ層も増え、広東料理も香港で大きな発展とを遂げました。また中国の改革開放後は中国本土の名店なども香港に店を出すようになりました。

伝統的な広東料理を、香港よりもリーズナブルに楽しみたければ広州も悪い選択肢ではありません。ただし、北京語か広東語ができない人にとっては注文が難しい店も少なくありませんし、日本からの移動手段や広州市内での移動も香港に比べると楽とは言えないこともあるでしょう。

ただ伝統的な飲茶を楽しみたければ、広州もいいですよ。香港では点心がメインで、お茶は3種類ぐらいから選ぶことしかできませんが、広州のきちんとした店では、ちょっと良い席を選ぶと、多少の追加料金でいろいろなお茶を選んで、店員が茶盆を用意してきて、お茶を入れてくれるところもあります。

香港の場合、お金に糸目をつけずに本当にいいものが食べたいという人はミシュランガイドの星付きの店、地元で評判の高い名門店等へ行けば、世界中から腕の良い調理人、良い食材を取りそろえ、美味しい料理を提供してくれるでしょう。そこまでの高級店でなくても、日本に比べればかなり割安に本格的な広東料理が味わえます。

日本でも大都市の東京に周辺から人が集まるように、香港には多くの腕の寄り料理人が集まってきています。数10年、中には100年以上の老舗もありますから、香港の広東料理も現代の広東料理の中心地のひとつであることは間違いありません。

また旅行者の多い店では英語の通用度が高いですし、店の衛生感覚、街中での移動なども先進国地域の香港は広州に比べると上です。中国語に不安がある人や、あまり中華圏に渡航したことがない人にとっては香港をまず選ぶという方がハードルが低く、食事以外も安心して楽しめるかと思いますよ。
回答投稿日時:2015/4/24 10:02
食在広州(食は広州にあり)ということで。
広東料理の「本場」というのは広州です。

ですが、ご飯食べるなら香港の方ですよ。
ってか、本場なんて浅薄な言葉は使わない方がいいですよ。
回答投稿日時:2015/4/24 12:41
料理人は国境を越えてヘッドハンティングされ、腕の良い料理人は中国よりも香港やシンガポールや日本や欧米で働きたがります。

素材も先進国の方が良い素材を使っています。

広州の三大酒店全店で食べましたけど、香港で人気の普通の店の方が美味いと思いました。
回答投稿日時:2015/4/25 0:35
広東料理、という名前からして発祥が広州であることには間違いありません。

ですが、中国大陸の人以外で、現代社会で美味しい広東料理を食べるためにわざわざ広州へ行く人なんて殆どいないでしょう。

現時点で、価格帯によらず、一般人が食べられる広東料理の粋は香港にあります。広州にも、中国のお偉方が通う店がありますが、普通の中国人民、外国人は入る事すらままなりませんし、本当に美味しいかどうかもわかりません。

海鮮を自分の好みに料理してもらう店だけではなく、伝統的な広東料理を出す店、現代風にアレンジして出す店、その他いろんなお店が香港にはあり、安い店から超高級店まで、探せばいくらでも美味しい店がありますね。中国共産党のお偉方にコネクションがあるのでなければ、断然香港です。伝統的飲茶も点心の味で断然香港ですし、お茶もいろいろ揃えている店も沢山ありますよ。お茶に興味があるなら前もって調べておいて、繁体文字で書いた物を用意して見せてみましょう。きちんとした点心を出す店なら実は6種類程度はお茶を用意してあったりします。