共通カテゴリ
エリアから探す

  質問

回答数2

投稿日時:2015/3/2 22:25


ベルギーに住んだことある方、長期滞在されたことがある方へ質問です。
物価、治安、言語面、国民性、食べ物、娯楽、雰囲気、便利さ、住み心地などの情報を詳しく教えてください。
回答投稿日時:2015/3/3 8:23
治安:
最初の回答者はブリュッセルかワロン(フランス語圏)の都市部にお住まいだったのではと思います。
ブリュッセルの南駅(国際線のターミナル)や北駅(オフィス街を離れると移民が多い)周辺は確かに治安が悪いです。
また日本人等が多く住んでいる地域(ストッケル、オーデルゲム、等)では日本人の空き巣被害を良く耳にします。
お金を持った日本人の赴任者等が多いと良く知られているのでしょう。

一方ベルギーの北側にあたるフラマン語(ほぼオランダ語)圏は、かなり治安が良い印象です。
個人的な印象ですが、アントワープで東京レベル、それ以外の街なら東京よりよほど治安が良いと思います。
観光地でのスリ・置き引きはあり得ますが、個人の注意で防げるレベルです。
最低限の注意していれば犯罪に巻き込まれる事はほぼ無いと思います。
日本人も多いルーヴェンでは市役所で生活の手引きをもらえますが、最も注意すべき犯罪は自転車泥棒と書かれているくらいです。
夜中の12時を過ぎてからでも女性の一人歩きを見かけたりします(お勧めはしませんが)。

言語:
公用語はフランス語、フラマン語(オランダ語)、ドイツ語です。
ただしドイツ語は国境付近以外ではほとんど通じません。
フラマン語圏の人はかなりの確率でフランス語と英語も話せます。
特に若い人の英語・フランス語はネイティブと遜色ないレベルです。
逆にフランス語圏の人はフランス語しか話せない人が結構います。
ブリュッセルはフランス語圏の状況に近いですが、観光地なら英語話者を探すのに苦労はしないです。
それと、フラマン語圏の英語話者はとても流暢に英語を話しますが、こちらの英語が多少怪しくても根気良く付き合ってくれます(イギリス人と違って…)
彼らにとっても外国語なので、英語に苦労する人の気持ちを汲んでくれる気がします。

物価:外食は高いですが、スーパー等で売っているものはそれほどではありません。
ビールやワインは安く、タバコなどはかなり高いです。
教育関連が安いです(2.5歳から18歳まで学校無料)。
またスポーツや文化活動にかかる費用も安いイメージです(テニスクラブや子供のサッカークラブの年会費:100-150ユーロ、語学学校の年会費:120ユーロ程度)
ものによってかなり差があるものの、総じて言えば日本とあまり変わらない物価だと感じます。
(外食・ホテル等が高いので、旅行者は物価が高いと感じると思います)

国民性:大雑把と言うかいい加減と言うか、日本がきっちりしすぎなのかもしれません。
それとベルギーに限らず欧州全体に言えることですが、家族の時間をかなり重視します。
そのために仕事を休むのは当たり前です。

食べ物:総じて美味しいです。
難点は魚料理が少ないことでしょうか。

娯楽:個人的には必要十分です。
内容にもよりますが、日本よりもお金をかからないのではないかと思います。

雰囲気:治安にも絡みますが、フラマン語圏はとても良いです。
特に夏場は23時過ぎでも明るく、楽しい毎日が過ごせます(少なくともベルギー人は過ごしているようです)。
逆に冬場は暗いです。

便利さ:公共サービスは日本のようにはいきません。
特に郵便事情はひどいです。
ただし郵便事情を除けば、欧州の中ではかなり良い方のようです。
お店等が18時閉店、日祝休みなのは近隣諸国と同様です。

住み心地:日本にいるころは場所すらあやふやでしたが、とても住みやすい場所で驚いています。

以上、個人的な意見が多分に入っています。
回答投稿日時:2015/3/2 22:38
物価レベルは国境を接する北フランスやオランダと同じようなものです。

治安はイメージや想像よりももっと悪く、例えばアパートの地下駐車場に入る時に何者かにあとを付けられて、車を降りた瞬間にホールドアップとか。
何年かおきに監禁事件とか、性犯罪がらみの猟奇事件も意外に多いです。
首都ブリュッセルのミディ駅の治安の悪さと言ったら、日本でも有名でしょう。

言葉はフラマンは出来ないのでフランス語一辺倒で、取り敢えず全国通じます。英語も良く通じる国なので、フランスの田舎とは違います。
食べ物は良いですよ。特に冬の間のムール・フリットは有名ですし、牡蠣もいろいろ種類があって美食に溢れています。
休日はちょっとドライブをしたりテニスをしたり、広大な森の中を散歩したりしていました。ピクニックも暖かい季節は良くします。

アラブ系のお店もあったりしますので、週末でも空いているマーケットがあります。
個人的な印象ですが、ワロン(仏系ベルギー)人は、フランス人よりもナマケ者が多い気がします。